子供が喜ぶクリスマスプレゼントの渡し方!おすすめの演出方法

行事

クリスマスプレゼントを子供に渡す時、どういう演出で渡せば良いのか悩みますよね。

子供にとって、サンタクロースからプレゼントをもらえるクリスマスは一大イベントです。

親としては、子供のワクワク感を大事にしてあげたいものです。

そこで今回は、子供が喜ぶクリスマスプレゼントの渡し方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントの渡し方

子供に喜んでもらうためのポイントは、サンタクロースの存在をアピールすることです。

サンタクロースと交流したり、プレゼントを届けに来た跡を残したりすると良いでしょう。サンタクロースが来てくれたことが分かれば、子供は嬉しくなるものですよ。

枕元にプレゼントを置く

pillow

枕元にプレゼントを置くという演出は、日本だけでなく世界でも定番の演出ですね。

小さい頃、枕元にプレゼントが置いてあったという人は多いのではないでしょうか。朝起きた時にプレゼントを発見した時は、飛び跳ねるほど嬉しかったですよね。

シンプルな方法ですが、子供にワクワク感・ドキドキ感を感じてもらうのは、この方法が一番だと思いますよ。

プレゼントが入る大きさの靴下を用意するとよりクリスマスらしいですが、枕元に置くだけでも十分でしょう。

http://scramblenet.com/4225.html

サンタクロースが来た跡を残す

window

枕元にプレゼントを置く時に、サンタクロースが来たことが分かるようにすると良いですね。

例えばこんな感じです。

  • 寝る前にお菓子やデザートを用意し、食べていった雰囲気を作る。
  • 窓を少し開けておく。
  • 赤い帽子を置いておく。
  • プレゼントを入れる袋を置いておく。
  • サンタクロースからのメッセージを書いておく。

サンタクロースが来たことが分かれば子供は嬉しいですし、来年のクリスマスが楽しみになりますよ。

サンタクロースと手紙で交流

letter

子供にサンタクロース宛の手紙を書いてもらい、サンタクロースから返事がくるという演出です。

フィンランドにサンタクロースがいることを話しながら、欲しいものを手紙に書いて送ると子供の思い出に残りやすいですね。

世界には公認のサンタクロースがいて、サンタクロース宛で手紙を出すと実際に返事が来ます。ローマ字で住所を書いて送るので、子供にサンタクロースの存在をアピールすることができますよ。

http://scramblenet.com/4275.html

友人や親戚など知り合いに協力してもらう方法でも良いですね。知り合いの住所をローマ字で書いて送り、ローマ字で返事を書いてもらいましょう。

どちらの方法も、手紙を書いて送ったら返事が来るというところがポイントです。

子供に手紙を書いてもらったら、手紙に書かれているプレゼントを用意しましょう。

クリスマス当日に「サンタさんからプレゼントが届いたよ」と一言言って渡せば、クリスマスが楽しくなること間違いなしですよ。

クリスマスパーティーに来てもらう

nicholas

サンタクロースにクリスマスパーティーに来てもらうというのが、最もインパクトのある演出ではないでしょうか。

友人・知人に協力を依頼し、サンタクロースの仮装をして直接子供に渡すと良いでしょう。

周りに協力を依頼できる人がいなければ、サンタクロースの派遣サービスを利用するのもありですね。

地域限定で有料ですが、サンタクロースが家までプレゼントを運んでくれる派遣サービスがあります。

サンタのまほう
サンタクロース派遣サービス

想像の世界にいるサンタクロースが実際に登場し、サンタクロースから直接プレゼントを渡してもらえれば、子供の思い出に残ることは間違いありませんよ。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントを渡す日は?

子供にクリスマスプレゼントを渡す日は、12月24日の夜が一般的です。

ですが、演出方法に応じて渡す日を変えるのもありですね。

枕元にプレゼントを置く場合
12月24日の真夜中
(25日に日付が変わってから)

サンタクロースと手紙で交流した場合
12月24日〜25日の間

クリスマスパーティーに来てもらう場合
12月24日の夜

特に決まりはありませんが、クリスマスイブ(12月24日)かクリスマス(12月25日)に渡すことをおすすめします。

子供はプレゼントをもらったら、友達と会った時に何をもらったか話したくなるものです。プレゼントをもらうタイミングが他の子と違うと、話に入りづらくなります。

それに、何で自分だけがクリスマスじゃない日にプレゼントをもらったのか不思議に思ってしまいますからね。

もし24日、25日以外に渡すのであれば、何か理由を付けると子供に信じてもらいやすくなりますよ。

サンタクロースは世界中の子供たちにプレゼントを渡さないといけないから大変なんだって。

1日だけじゃ全員に渡せないから、3〜4日くらいは時間がかかるらしいよ。

だから、早め(遅め)に届くこともあるんだよ。

まとめ

子供にとって、サンタクロースからクリスマスプレゼントをもらえるというのは特別なことです。

いつまでもサンタクロースからと言ってプレゼントを渡せるわけではないですし、大きくなるとそのような経験はできなくなります。

クリスマスにプレゼントでワクワク・ドキドキできるのは子供のうちだけですから、プレゼントを渡す一回一回を大切にしましょうね。

関連記事
サンタクロースの正体はバラすもの?子供に聞かれた時の親の対応
クリスマスプレゼントはいつ渡す?ベストなタイミングと渡し方

スポンサーリンク

行事

Posted by 管理者