クレヨンしんちゃんのしんのすけ声優(矢島晶子)の後任は誰?

生活

国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』。

その主人公「野原しんのすけ」を放送開始から長年に渡って担当してきた声優・矢島晶子さんが降板することが分かりました。

小さい頃から「しんのすけ」と言えば矢島晶子さんだったので、降板するのは非常に残念でなりません…

しんちゃんが大好きだからこそ、しんちゃんの後任の声優が誰になるかが気になります。

そこで、矢島晶子さんの後任と、降板の理由について探っていきます。

スポンサーリンク


しんのすけ声優・矢島晶子の後任は誰?

矢島晶子さんがしんちゃんの声優として出演するのは、6月29日の放送が最後となります。

7月からの後任声優については、現時点ではまだ調整中とのこと。

公式発表を待つ状態ですが、SNS上では後任声優についてさまざまな予想がされています。

SNS上では、後任声優として平野綾さんや悠木碧さんの名前があがっていました。

中には「モノマネが上手い人にしてほしい」という声や、「こおろぎさとみさん(野原ひまわり役)にやってほしい」なんて声も。

後任声優が誰になるのか、続報を待ちましょう。

ただ、しんちゃんの声は第1回の放送から矢島晶子さんだったので、矢島晶子さん以外の声は全く想像がつきません…

しんちゃんを見ている人・知っている人の大半は、

野原しんのすけ=矢島晶子

だと思います。

矢島晶子さんが26年3ヶ月に渡って「野原しんのすけ」に命を吹き込んできたわけですから、そう簡単に後任声優が決まるわけがありません。

それくらい、矢島晶子さんとしんちゃんは切っても切れない関係なんです。

だから、他の声優がしんちゃんの声を担当するのは相当なプレッシャーだと思いますし、矢島晶子さんの後任を決めるのは難航すると思われます。

ちなみに、矢島晶子さんが降板しても、『クレヨンしんちゃん』が最終回ということではありません。

矢島晶子のクレヨンしんちゃん降板の理由

矢島晶子さんクレヨンしんちゃんを降板するということで、病気を疑っている人もいると思います。

ただ、矢島晶子さんは病気ではありません。

クレヨンしんちゃん降板の理由の答えは、矢島晶子さんのコメントの中にあります。

矢島晶子さんのコメント全文がこちらです。

27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。
理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。
キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。

矢島晶子

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/

プロとしての決断だったのでしょう。

しんちゃんの声を演じ続けることは相当難しいもの。

「野原しんのすけ」のイメージを崩してしまう前に、矢島晶子さんは降板を考えたのだと思います。

しんちゃんを愛しているからこそ、作品を愛しているからこその降板の申し出だったのではないでしょうか。

矢島晶子は他の役を断りながらも演じ続けた

しんちゃんと言えば、あの独特の声。

他に類を見ない、唯一無二の声ですよね。

声優の中には演じるキャラクターと地声が近い人もいますが、矢島晶子さんの地声はしんちゃんとは程遠いものでした。

まったく異なる声を演じ続けることは、確実に喉に負担を与えていました。

『クレヨンしんちゃん』の収録後は、どうしても声が荒れてしまっていたようで…

そんな状況だからこそ、『クレヨンしんちゃん』収録直後の別作品オファーは断らざるをえない状況だったそうです。

プロとして、考えることがあったのかもしれないですね。

スポンサーリンク


矢島晶子の降板に対する世間の声

矢島晶子さんの降板を残念がる声が本当に多いです。

それだけ、しんちゃん=矢島晶子さんだったわけですね。

長年愛され続けた野原しんのすけ

矢島晶子さんが演じる「野原しんのすけ」を見ることができるのは、2018年6月29日が最後です。

後任声優について公式発表はまだありませんので、続報を待ちましょう。

ちなみに、矢島晶子さんは声優業を離れるわけではありません。

他のキャラクターの声優として、また新たな命を吹き込んでくれることでしょう。

スポンサーリンク


生活

Posted by 管理者