年賀状の挨拶の文例!取引先に出す時のビジネスマナーと書き方

行事

ビジネスパートナーへの年賀状は、信頼関係を築き上げるだけでなくビジネスの飛躍にも繋がります。

しかし、きちんとした年賀状の書き方を知らなければ、返って失礼になるので注意が必要です。

そこで今回は、取引先へ年賀状を出す際のビジネスマナーや書き方について、文例を含めてご紹介します。

スポンサーリンク

ビジネスで年賀状を出す時のマナー

元旦に届ける

元旦に届くように出すのがマナーとされています。

相手に届くのが遅くなってしまうと、軽く見られていると思われる可能性があります。

ビジネスにおいて期限を守るのは当然のことですので、元旦に届くようにすると良いですね。

正しい宛先の記入

住所、会社名、所属部署、役職名など、すべて間違いのないように正しく書くのがマナーです。

特に、所属部署と役職名は異動して変わっている可能性があるので、書く前に名刺や住所録をチェックしておいた方が良いですよ。

デザイン選び

カジュアルなデザインより、雰囲気のある落ち着いたデザインを選ぶと心遣いが相手へ伝わります。

家族や子供の写真が入ったプライベートを感じさせる年賀状は避けた方が良いです。取引先に身内のことは関係ないので、知らない人を見せられて気分を悪くする可能性があります。

手書きの一言を添える

「本年もよろしくお願い致します」など、何か一言で良いので手書きのメッセージを添えましょう。

印刷済みの年賀状をそのまま送るのは、事務的で冷たい印象を与えてしまう可能性があります。

賀詞を重複させない

「新年あけましておめでとうございます」は、よくある間違いの一つです。

「新年」と「あけまして」が重複しているので、正しい書き方ではありません。「あけましておめでとうございます」あるいは「新年おめでとうございます」が正しい書き方です。

また、「謹賀新年」の後に「あけましておめでとうございます」と書くのも重複になるので間違いですね。

賀詞を省略しない

取引先や目上の方には、「賀正」や「迎春」などの2字熟語は避けるのがマナーとされています。

お祝いの言葉(=相手への敬意)を省略したことになります。

「謹賀新年」あるいは「恭賀新年」など四字熟語を使うようにしましょう。

句読点を付けない

年賀状では句読点(「、」や「。」)を付けてはいけないとされています。

句読点(=区切り)を付けないという意味があります。

忌み言葉を使わない

新年を祝う挨拶なので、「去る」「絶える」「衰える」などの忌み言葉(演技の悪い言葉)は使わないようにしましょう。

「去年」には「去る」という言葉が含まれているので、「昨年」「旧年」と書くと良いですね。

ビジネス向けの年賀状の書き方

年賀状の表と裏、それぞれに書き方があります。

表(宛名面)

文字
細すぎず、気持ち強めに大きく書きます。

会社(団体)名
株式会社や有限会社は略さずに書きます。

敬称
送り先が会社名の場合は「御中」を、個人名であれば「様」を付けます。

役職名
名前の上に小さめに書きます。自宅へ送る場合は必要ありません。

裏(文章面)

賀詞(がし)
「あけましておめでとうございます」「謹賀新年」「恭賀新年」などと書きます。

旧年中への感謝の言葉
「旧年中はお世話になりました」や「昨年中は格別のご愛顧を賜り心より御礼申し上げます」などと書きます。

お付き合いの継続を願う言葉
「今年もよろしくお願いいたします」や「本年も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます 」などと書きます。相手を気遣う言葉を入れるとさらに良いでしょう。

日付
「平成◯◯年 元旦」または「平成◯◯年 元日」と書きます。元日を過ぎてから書く場合は、「平成◯◯年 正月」や「平成◯◯年 一月吉日」とするのが無難ですね。数字は漢数字で書きましょう。

スポンサーリンク

取引先への挨拶の文例

基本的な文例をいくつか覚えておけば、複数の取引先へ送る際に役立ちますよ。

文例1:取引先向け


謹賀新年

旧年中は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます

本年も変わらぬお引立てのほどよろしくお願い申し上げます
平成◯◯年 元旦

文例2:取引先向け

謹んで新年のお慶びを申し上げます

旧年中は格別のお引き立て誠にありがとうございました

今年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます
平成◯◯年 元旦

文例3:取引先向け

恭賀新年
旧年中は多方面に渡りお世話になり厚く御礼申し上げます
本年も当社社員一同更なる飛躍を続けていく所存ですので
引き続きお力添えのほどよろしくお願いいたします

平成◯◯年 元旦

文例4:取引先向け

謹んで新春のご挨拶を申し上げます

旧年中はひとかたならぬご配慮に預かり深く御礼申し上げます
貴社益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます
平成◯◯年 元旦

文例5:取引先向け

謹賀新年
旧年中は特段のご配慮を賜り誠にありがとうございました
本年も何卒よろしくお願いいたします
平成◯◯年 元旦

文例6:取引先向け

謹賀新年

旧年中はひとかたならぬご高配を預かり誠にありがとうございました
本年もお引き立てのほど切にお願い申し上げます
平成◯◯年 元旦

文例7:取引先向け

謹賀新年
昨年中は格別のご用命を賜り心より御礼申し上げます
今年もより一層ご期待にお応えしていく所存ですので
変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致します
平成◯◯年 元旦

文例8:お客様向け

あけましておめでとうございます
旧年中は当社の商品をご利用いただき誠にありがとうございました
今年も皆様にご満足いただけるようスタッフ一同精進してまいります
どうぞお引き立てのほどよろしくお願い致します
平成◯◯年 元旦

文例9:元旦以降に送る場合

謹賀新年
ご丁寧に年賀状を頂き大変恐縮しております
旧年中の多大なるご支援に対する御礼が遅くなり誠に申し訳ございません
本年も引き続き変わらぬご芳情を何卒よろしくお願い申し上げます
平成◯◯年 元旦

文例10:元旦以降に送る場合

新春のお祝いと共にご挨拶が遅れましたこと心よりお詫び致します
旧年中の身に余るご愛顧謹んで御礼申し上げます
本年も変わらぬご引立てのほどよろしくお願い致します
平成◯◯年 元旦

まとめ

取引先への年賀状はシンプルかつ丁寧に、ビジネスマナーに注意を払いながら書くと良いですね。

人付き合いは財産です。何もかもが簡略化されて便利になった時代だからこそ、挨拶状に一手間かけることが信頼関係を育みますよ。

ぜひ、コミュニケーションツールとして活用しましょう。

関連記事
年賀状の挨拶の文例!上司や社長に出す時のマナーと書き方
年賀状の挨拶の文例!親戚や目上の方・ご無沙汰な方への書き方
年賀状はいつまでに出す?元旦に届くためのポストの投函期限
年賀状はいつまで出せる?返事が遅れた場合や寒中見舞いとの違い

スポンサーリンク

行事

Posted by 管理者