デートの断り方!男友達・興味ない男性や彼氏からの誘いを断る方法

断り方

デートの誘いを断れなくて困っていませんか?

男友達や興味ない男性からの誘いとはいえ、適当に断ると後々響く可能性があるので、断り方には結構気を使うと思います。彼氏からの誘いだったとしても、デートする気分ではない時もあるでしょう。

相手を傷つけないような上手い断り方って意外と難しいものです。

そこで本記事では、男友達・興味ない男性や彼氏からのデートの誘いの断り方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

デートの断り方のポイント

デートの誘いを断る時、断り方によっては相手を傷つけてしまうことがあります。

以下のポイントを押さえておいて、いつ誘われても良いように備えておきましょう。

相手の気持ちを考える

デートの誘いを断る時の大事なポイントは、相手の気持ちを考えて断ることです。

相手からすると、デートの誘いを断られることはショックなことです。その上、適当に断られると相手はさらにショックを受けてしまいます。無下な断り方は相手に失礼ですし、相手を傷つけるだけでなく自分の印象も悪くなってしまいます。場合によっては、今後の関係性にも影響するかもしれません。

なので、デートの誘いを断る時は、誠意をもった断り方を心がける必要があります。デートに誘ってくれたことに感謝しつつ、相手が傷つかないよう言葉を選んで断るようにしましょう。

感情的にならない

デートの誘いを断る時は、感情的にならないようにしましょう。

こちらが感情的になると、相手も感情的になってしまいます。相手との関係性が悪くなってしまうこともあるので、冷静にならないといけませんね。

また、感情的になった時は、言葉遣いが荒くなってしまうものです。「あなたとはデートに行きたくない」などストレートな言葉で断ると、相手を傷つけてしまいます。

気持ちを落ち着かせて断るようにしましょう。

はっきり断る

デートに行きたくない時は、はっきりと断ることも大事です。

はっきり断らないと相手はまた誘ってくるかもしれません。男友達や興味ない男性に対しては、「今後の発展はない」と伝えることで、相手は誘うことを諦めるようになると思いますよ。

相手を傷つけないように、言葉を選んだり言い方に気を付けたりするようにしましょう。

デートの断り方の注意点

デートの誘いに対して、曖昧な断り方は失礼になります。

「今日はごめんなさい」「また今度」などのような断り方は、断ったことにはなりません。今回は断ることができても、別の機会に誘われるかもしれませんよね。デートの誘いがある度に断らないといけないので、こちらも疲れてしまいます。

曖昧な断り方をすると、相手に期待をもたせてしまう可能性もあります。はっきり伝えた方が、相手も踏ん切りをつけやすくなると思いますよ。

筆者の場合、社交辞令と思って曖昧な返事をしていましたが、しつこくて大変でした(苦笑)

デートの断り方〜男友達・興味のない男性編〜

彼氏がいることを明らかにする

彼氏がいることを明らかにすることは、相手に諦めてもらいやすい断り方です。

どんな男性でも、相手に彼氏がいると分かれば、たいていの場合は引き下がります。

例えばこんな感じです。

相手:今度2人で食事でも行かない?
私 :ごめんね。他の男性と食事に行くと彼氏に悪いから…

デートに誘うのは、相手があなたに好意を持っていて、あなたのことをフリーだと思っていることがほとんどです。彼氏の存在を明らかにすれば、「彼氏がいるのか…」と誘ってこなくなると思いますよ。

また、「彼氏に悪い」という表現であれば、拒絶した感じを与えにくいです。相手に配慮した言い方だと思いますよ。

気になっている人がいる

「気になっている人がいる」という理由は、分かりやすくはっきりとした断り方です。

男からすると、気になる女性が別の男性に好意を持っていることが分かるとショックを受けます。急速にやる気をなくすので、デートに誘うこともしなくなるでしょう。

また、デートに誘ってきた相手には気がないということを、相手を傷つけずに伝えることができます。これを言われれば、相手も諦めてくれるでしょう。

スポンサーリンク

デートの断り方〜彼氏編〜

彼氏からデートの誘いがあっても、他の友達と遊ぶ予定があったりデートする気分ではなかったりする時があると思います。

変に誤解されないように、断り方を覚えておきましょう。

体調不良

「体調が悪い」という理由は、使い勝手が良い断り方です。

例えば、以下のような断り方があります。

  • 朝から頭が痛くて
  • 風邪気味で
  • 生理痛がひどくて

体調が悪いことが分かれば、彼氏もデートに連れていくことは無いでしょう。

特に、生理痛など女性特有のデリケートなことを理由にされると、彼氏は何も言えなくなると思います。男性には経験することのできない苦しみですし、デリケートなことなので口を出すことができません。

定番ではありますが、角が立ちにくい断り方だと思いますね。

仕事が忙しい

「仕事が忙しい」という理由は、使いやすい断り方の一つです。

例えば、以下のような断り方があります。

  • 会議(打ち合わせ)がある
  • トラブルが発生して仕事が押している
  • 上司から残業を依頼されている

彼氏からデートの誘いがあった日に仕事(アルバイト)があれば、それを理由に断ると良いですね。ただ仕事で忙しいというよりも、会議やトラブル対応など普段とは状況が違うことを伝えると、彼氏も納得してくれると思いますよ。

もし仕事がない日であれば、「トラブルが発生して会社(アルバイト先)から呼ばれた」など、仕事(アルバイト)に行かなければならなくなったことを伝えると良いでしょう。彼氏も分かってくれるはずですよ。

大事な用事がある

「大事な用事がある」という理由は、彼氏に納得してもらいやすい断り方です。

例えが、以下のような断り方があります。

  • 友人や身内の結婚式
  • 法事
  • 資格試験がある

欠席できない用事など、デートよりも優先度が高い用事であれば、彼氏も納得してくれると思いますよ。

ただし、頻繁に使うとすぐに嘘だとバレてしまいます。特に、冠婚葬祭は優先度が高い用事のためついつい使ってしまうと思いますが、頻繁にあることではありませんよね。

また、彼氏が知らない用事であるのが望ましいですね。彼氏も知っていることを理由にすると、嘘をついた時にバレやすいです。

親が来た

「親が来た」という理由は、一人暮らしをしている場合に有効な断り方です。

親を登場させれば、彼氏も口を出すことはできないでしょう。急に来たことを強調すれば、彼氏も「仕方ない」となると思いますよ。

普段から親が来ることを言っておけば、嘘だとしてもリアリティがあって良いですね。

逆に誘う

嘘をつくのが苦手という場合は、「逆に誘う」という断り方があります。

例えば、こんな感じです。

彼氏:今度の週末デートしようよ
私 :ごめん。その日は都合悪いから来週の土日にしない?

別の日にデートしようと提案することで、誘いを断ったとしても彼氏が傷つくことはないと思いますよ。

ただし、こちらから誘った以上、再度断ることはできないでしょう。

まとめ

デートの誘いを断るというのは、案外気を使うものだと思います。断り方によっては、相手を傷つけてしまうかもしれないですからね。

デートの誘いを断っても相手との関係性を保つためには、相手の気持ちを考えた断り方が大事です。そうすれば、相手を傷つけたり自分の印象を悪くしたりすることはないでしょう。

良い人間関係を築いていけるように、スマートな断り方を身に付けましょう。

スポンサーリンク

断り方

Posted by 管理者