オリンピック2016の競技の一覧!新種目に選ばれた競技とは?

スポーツ

2016年8月から、ブラジルのリオデジャネイロでオリンピックが開催されます。

今大会では、2種類の競技が新種目として追加されました。

そこで、オリンピック2016の競技の一覧をまとめてみました。

スポンサーリンク

オリンピック2016の基本情報

まずは、オリンピック2016の基本情報を見てみましょう。

開催期間   :2016年8月5日(金)〜21日(日)
開催地    :ブラジル・リオデジャネイロ
開会式・閉会式:マラカナン競技場
参加国数   :206ヶ国
参加人数   :10,500人
競技数    :28競技
競技種目   :306種目
競技会場   :4地区32ヶ所

2016年に開催される夏季オリンピックは、今回で31回目を迎えます。

開催地はブラジルのリオデジャネイロ。

南アメリカ大陸でオリンピックが開催されるのは初めてです。

競技一覧

今大会では、28競技306種目が行われます。

No.種類 競技
1水上・水中 水泳
2ヨット
3カヌー
4ボート
5球技 テニス
6サッカー
7バスケットボール
8バレーボール
9ハンドボール
10卓球
11バドミントン
12ホッケー
137人制ラグビー
14ゴルフ
15格闘技 柔道
16レスリング
17フェンシング
18ボクシング
19テコンドー
20複合競技 近代五種
21トライアスロン
22的当て アーチェリー
23射撃
24その他 陸上
25体操
26自転車
27ウエイトリフティング
28馬術

この中で、新種目は7人制ラグビーゴルフの2競技です。

競技会場

競技は、「バーハ地区」「デオドロ地区」「マラカナン地区」「コパガバーナ地区」の4ヶ所で行われます。

中心地区はバーハ地区で、オリンピック村などが設置されます。

サッカーのみ、リオデジャネイロ以外の会場でも行われます。

バーハ地区

会場 競技
マリア・レンク・アクアティックス・センター
MARIA LENK AQUATICS CENTRE
水泳
リオ・オリンピック・アリーナ
RIO OLYMPIC ARENA
体操
リオセントロ・パビリオンズ
RIOCENTRO – PAVILIONS
バドミントン
ボクシング
卓球
ウエイトリフティング
ポンタウ
PONTAL
自転車
陸上
カリオカ・アリーナ
CARIOCA ARENAS
バスケットボール
フェンシング
柔道
レスリング
フューチャー・アリーナ
FUTURE ARENA
ハンドボール
オリンピック・テニスセンター
OLYMPIC TENNIS CENTRE
テニス
オリンピック・アクアティックス・スタジアム
OLYMPIC AQUATICS STADIUM
水泳
リオ・オリンピック・ベロドローム
RIO OLYMPIC VELODROME
自転車
オリンピック・ゴルフ・コース
OLYMPIC GOLF COURSE
ゴルフ

デオドロ地区

会場 競技
デオドロ・アクアティックス・センター
DEODORO AQUATICS CENTRE
近代五種
オリンピック・エクエストリアン・センター
OLYMPIC EQUESTRIAN CENTRE
馬術
オリンピック・シューティング・センター
OLYMPIC SHOOTING CENTRE
射撃
オリンピック・BMX・センター
OLYMPIC BMX CENTRE
自転車
オリンピック・ホッケー・センター
OLYMPIC HOCKEY CENTRE
ホッケー
ホワイトウォーター・スタジアム
WHITEWATER STADIUM
カヌー
ユース・アリーナ
YOUTH ARENA
バスケットボール
近代五種
マウンテンバイク・センター
MOUNTAIN BIKE CENTRE
自転車
デオドロ・スタジアム
DEODORO STADIUM
7人制ラグビー
近代五種

マラカナン地区

会場 競技
マラカナン
MARACANA
サッカー
マラカナンジニョ
MARACANAZINHO
バレーボール
オリンピック・スタジアム
OLYMPIC STADIUM
サッカー
陸上
サンボドロモ
SAMBODROMO
アーチェリー
陸上

コパカバーナ地区

会場 競技
コパカバナ海岸
COPACABANA BEACH
水泳
バレーボール
自転車
トライアスロン
ラゴア・スタジアム
LAGOA STADIUM
ボート
マリーナ・ダ・グロリア
MARINA DA GLORIA
ヨット
スポンサーリンク

新種目に選ばれた競技

2009年のIOC総会で、2016年のオリンピックに新種目、復活種目として7種目の競技が検討されていました。

・7人制ラグビー
・ゴルフ
・空手
・スカッシュ
・ソフトボール
・野球
・ローラースケート

この中から、7人制ラグビーとゴルフが投票により採用されました。

7人制ラグビー

7人制ラグビーが採用されたポイントは次の2点です。

・試合時間と開催期間が短い。

・小国でもメダル獲得の可能性がある。

7人制ラグビーとは、1チーム7人の選手で行われるラグビーのことです。

Sevens(セブンズ)とも呼ばれています。

15人制とほぼ同じ規則のもと、同じ広さのフィールドでプレーします。

スピード感あふれるプレーが魅力で、ヨーロッパで人気が高いです。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。

ラグビーW杯で五郎丸が話題になりましたが、あれは15人制のラグビーです。

ゴルフ

ゴルフが採用されたポイントは次の2点です。

・タイガー・ウッズなどの有名な選手が各国にいる。

・スポンサー獲得などの実績がある。

ゴルフは、1904年のセントルイスオリンピック以来、112年ぶりの復活となります。

7人制ラグビーの採用決定後、残り6競技について投票が行われましたが、過半数を獲得したゴルフが採用されました。

まとめ

以上、オリンピック2016の競技の一覧でした。

代表選手決定のニュースを見かけるようになり、徐々にオリンピック熱が高まってきましたね。

28競技306種目ありますので、楽しみ方は様々だと思います。

気になる競技を集中してみる、全種目満遍なく見る・・・

4年に一度の祭典なので、見る側も思いっきり楽しみましょう!

スポンサーリンク