なぜ昇太が笑点の6代目大喜利司会者?歌丸の後任に選ばれた理由とは

芸能

5月22日(日)に放送された笑点で、6代目の大喜利司会者に春風亭昇太が選ばれました。

メディアでも円楽師匠と予想していただけに、なぜと思った人も多いのではないでしょうか。

そこで、昇太師匠が司会に選ばれた理由を探っていきます。

スポンサーリンク

歌丸の後任は昇太

まさかの人事です。

笑点の6代目大喜利司会者に

春風亭昇太

が選ばれました。

歌丸師匠の後任の最有力候補は円楽師匠であると、多くのメディアが報じていました。

サプライズでビートたけしという話も出ていましたが、昇太師匠が選ばれるとは誰も予想していなかったのではないでしょうか。

これまでの笑点の歴史を振り返って考えてみると、落語界以外の人が司会者だったことはありましたが、笑点メンバーから司会が選ばれることはある程度予想していました。

司会者を務めた歌丸師匠も元は回答者で、5代目円楽師匠から司会を引き継ぎましたからね。

それに、歌丸師匠の実績を考えれば当然とも言えます。

しかし、6代目の司会に選ばれた昇太師匠は、笑点メンバーに最後に加入しています。

順当にいけば円楽師匠が司会になり、昇太師匠が選ばれるとは考えにくいのです。

どのような理由があって昇太師匠が選ばれたのでしょうか?

スポンサーリンク

昇太が選ばれた理由

番組関係者によると、昇太師匠が選ばれたのは「消去法」のようです。

どう考えてそうなったのか、私なりに理由を考えてみました。

司会者の若返り

歌丸師匠が大喜利の司会になったのは2006年5月で、当時は69歳でした。

ここで、2016年5月時点の笑点メンバーの年齢を見てみましょう。

メンバー 年齢
桂歌丸 79歳
林家木久扇 78歳
三遊亭好楽 69歳
三遊亭小遊三 69歳
三遊亭円楽 66歳
山田隆夫 59歳
春風亭昇太 56歳
林家たい平 51歳

昇太師匠が歌丸師匠と同様に80歳まで笑点を続けるとした場合、23年はできます。

他のメンバーよりも長くできることを考えると、妥当かもしれません。

たい平師匠の方が若いのですが、司会という面で考えると昇太師匠の方に分があります。

若手大喜利の司会の経験

昇太師匠は、若手大喜利の司会を務めた実績があります。

笑点メンバーへの加入は2006年で、現メンバーの中では最後の加入となります。

回答者としてのキャリアは少ないですが、司会者としてのキャリアは結構あるんですよね。

歌丸師匠の代理で笑点を務めたことがありましたが、先輩相手によくやっていました。

まとめ

以上、昇太師匠が司会に選ばれた理由でした。

昇太師匠が笑点の6代目大喜利司会者に選ばれるとは考えてもいませんでした。

なぜと思った人も多いと思いますが、司会者の若返りや若手大喜利での司会の経験を考慮すると、案外いい選出なのかもしれません。

真意はわかりませんが、まずは見守ってみましょう。

カミカミの昇太師匠の司会がどうなるのか楽しみですね。

今後の笑点に注目です。

スポンサーリンク

芸能

Posted by 管理者