ヘッドハンティングの誘いの断り方!電話やメールの例文を紹介

断り方

ヘッドハンティングの誘いを受けて戸惑っていませんか?

断ると相手に悪い気がしますし、人生の転機が訪れたわけなので、いろいろ悩んでしまいますよね。

もしその気がなければ断った方が良いですが、将来どうなるかは分かりません。今後のことを考えるのであれば、今断るにしても断り方には気を付けたいものです。

そこで本記事では、ヘッドハンティングの誘いの断り方について、電話とメールの例文をまとめてみました。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングの誘いの断り方

ヘッドハンティングの誘いの電話やメールが来たら、一度は断った方が良いです。

ヘッドハンターは複数の人に声をかけて、返事をもらえた人と面談します。当然のことながら、全員から良い返事をもらえるわけではありません。ヘッドハンティングは、断られることが当たり前の世界です。

もし誘いを断ったとしても、あなたの経歴や経験がなくなることはありません。魅力的な人材であれば、ヘッドハンターは何度でもアプローチしてくると思いますよ。むしろ、堂々とした断り方だと評価が上がるかもしれませんね。

また、「すぐに誘いに乗るような人間は信用できない」「一度は断る慎重さが必要」と考えるヘッドハンターもいるようです。一度誘いを断ったところで、評価が下がる可能性は低いでしょう。

ただし、ヘッドハンティングの誘いの断り方で注意しなければならないことがあります。

断り方で気を付けること

丁寧な断り方を心がける

ヘッドハンティングの誘いを受けないのであれば、丁寧な断り方を心がけましょう。

ヘッドハンティングされるということは、優秀な人材であると評価されているということです。雑に断ってしまうと評価を下げることになり、今後ヘッドハンティングされない可能性もあります。

今は転職する気がなくても、将来どうなるかは分からないですよね。会社が倒産したりリストラされたり、あるいは転職する気になることも…

優秀な人材と評価され続けられれば、勤務先の企業に何かあった時に助けてくれる可能性があります。そのためにも、丁寧な断り方を心がけておくべきですね。

相手を批判したり悪口を言わない

ヘッドハンティングの誘いを断る時は、相手を批判したり悪口を言わないのが断り方のマナーです。

相手を批判したり悪口を言ったりすると、自分の評価を下げることになります。ビジネスに限った話でありませんが、そのような人は信頼されないものです。

また、こちらにそのつもりがなくても、正直な理由を伝えると批判しているように聞こえることがあります。例えば、以下のような断り方です。

  • 今の企業の方が待遇が良い
  • 今の企業の方が年収が良い
  • 今の企業に将来性がある

ヘッドハンティングの誘いを断る時は、言葉を慎重に選んで断るようにしましょう。

早めに返答する

ヘッドハンティングの誘いがあった時は、早めに返答するようにしましょう。

返答までに時間がかかると相手が期待(勘違い)してしまいますし、お互いの時間を無駄にしてしまいます。無駄に時間を延ばしても、お互いに良いことはありません。

断るつもりでいるのであれば、早めに返答した方が良いですね。

直接会わずに断る

ヘッドハンティングの誘いを断るつもりであれば、ヘッドハンターには直接会わずに断ることをおすすめします。

実際に会って断ろうとすると、話を聞いているうちにその気になってしまう可能性があります。その場の勢いで決めてしまうと後々後悔することになるので、ヘッドハンターには直接会わない方が良いでしょう。

また、実際に会ってしまうと断りづらくなってしまう可能性も。誘いを断るつもりでいるならば、電話やメールで断る方が良いと思いますよ。

では、どのような断り方が良いでしょうか?

具体的な断り方を見ていきましょう。

電話での断り方

電話で断る場合は、自分の気持ちを整理してから電話するようにしましょう。

相手はプロフェッショナルですから、都合の良い方向に会話を誘導される可能性があります。曖昧な気持ちのままで電話してしまうと、相手のペースに乗せられてしまうこともあるので注意が必要です。「会って話しましょう」と言われたとしても、「多忙で時間がとれない」など会う約束をしない方が良いですね。

また、相手は人を評価するプロフェッショナルでもあるので、電話でのビジネスマナーもチェックしています。今後のお付き合いがあるかもしれないので、失礼のない断り方を心がけましょう。

【例文】

ご紹介下さりありがとうございます。

大変光栄な話ではありますが、現状を考慮するとお断りせざるを得ません。

ご期待に沿えず申し訳ありません。

ご連絡ありがとうございました。

周りに人がいる場合には、変に誤解されないよう会話の内容が分からないように話すのが無難ですね。ヘッドハンティング先の会社名など具体的な名前は出さない方が良いでしょう。

スポンサーリンク

メールでの断り方

ヘッドハンティングの誘いを断る場合、メールで連絡することをおすすめします。直接話す場合に比べて、断ることを伝えやすいですからね。

メールを作成する時は、断ることが相手に正確に伝わることが重要です。遠回しに表現したり、表現に工夫を凝らしたりする必要はありません。

以下のような構成でメールを作成すると、相手に失礼のない断り方になるでしょう。

  1. 紹介してくれたことに感謝に気持ちを伝える
  2. 紹介してくれた案件が魅力的であることを伝える
  3. 丁重にお断りする
  4. 紹介してくれた担当者に感謝の気持ちを伝える
  5. 今後も継続してお付き合いしたいことを伝える

お断りメールは、非常にデリケートです。こちらの意図が正しく伝わらず、相手を不快な気持ちにさせてしまったり、自分の評価を下げることになったりします。言葉を慎重に選んで作文しましょう。

【例文】

件名:求人案件について

株式会社◯◯
鈴木様

株式会社□□の佐藤です。
お世話になっております。

この度は△△社様をご紹介下さり、
誠にありがとうございます。

△△社様の条件は魅力的であり、
ご紹介いただけたことを嬉しく思います。

しかしながら、私ごとで大変恐縮ですが、
現在の仕事の状況やプライペートなことから、
ご要望の勤務先に赴くことが困難な状況です。

真剣に検討させていただきましたが、
△△社様にご迷惑をおかけしないためにも
お断りした方が良いとの結論に達しました。

ご期待に沿えず申し訳ありません。

私としても残念でなりませんが、
ご容赦いただければ幸いです。

また、今回△△社様とのご縁を提供して下さった
鈴木様には、心より感謝しております。

どうかこれに懲りず、
引き続きご支援いただきますよう
心よりお願い申し上げます。

この度は、誠に申し訳ありませんでした。

(自分の名前)

まとめ

ヘッドハンティングの誘いを断ることに、罪悪感を持つ必要はありません。ヘッドハンティングは断られることが当たり前の世界ですし、自分の将来に関わることです。断り方に気を付ければ、断っても全然問題ありませんよ。

断る場合は自分の気持ちを整理し、相手に失礼のないよう丁重に断るのが断り方のポイントです。今回断ったとしても、今後も継続してサポートしてくれることがあります。せっかくの縁ですから、感謝の気持ちは忘れずにいたいところです。

断り方を身に付けて、はっきりと断れるようにしましょう。

スポンサーリンク

断り方

Posted by 管理者