バレンタインのメッセージ例文!片思いの相手に贈る言葉

行事

片思いの彼に気持ちを伝えたい!

女性にとって、バレンタインは絶好のチャンスですよね。

あなたの想いを相手へ確実に伝えるためには、チョコレートよりもメッセージの方が効果的なんですよ。

では、どんな言葉がベストなのでしょうか?

そこで今回は、バレンタインの告白に使えるメッセージの例文をご紹介します。

スポンサーリンク

メッセージの書き方

メッセージを書く時は、構成を3つに分けると良いですね。

書き出し

バレンタインの書き出しは、基本的な英文を使いましょう。

「Happy Valentine’s Day!」

これに一言「To you(あなたへ)」を添えると、特別な響きに聞こえますよ。

「Happy Valentine’s Day To You!」

本文

本文には、相手に対するあなたの気持ちを言葉にします。

次章でご紹介する例文を参考に、上手く伝わるような文章を書きましょう。

連絡先

メッセージの最後に、自分の名前とメールアドレスや電話番号など連絡先を書いておきましょう。

せっかくチョコを渡しても、連絡先が書いてなければ何の進展もありませんよ。

ワンポイントアドバイス

全く話をしたことがない相手へのメッセージの冒頭には、必ず「すみません」と突然の接触を詫びる言葉を入れましょう。

お詫びの言葉があれば、相手も不審がることなく安心して読み進めることができますよ。

また、「ありがとう」の言葉は男性のハートを動かす魔法の言葉です。

普段から相手のことを知っているのであれば、「好き」や「付き合いたい」などのはやる気持ちはまず置いておきましょう。

「優しくしてくれる」「助けてくれる」など、感謝していることを考えながら書くと、愛の言葉がすらすら出てきますよ。

片思いの相手へのメッセージ例文

バレンタインの告白に使えるメッセージの例文を、あなたと相手との関係別にまとめてみました。

一度も話したことがない

突然ごめんなさい。
以前から◯◯で見かけて、ずっとあなたのことが気になっていました。
一度会ってお話しできますか?
もし良ければメールください。
待ってます。

△△(←あなたの名前)
連絡先:××××××××

突然の手紙すみません。
一度もお話ししたことはないんですが、毎日一所懸命働く姿を見て惹かれてしまいました。
今度、直接会ってもらえませんか?

△△(←あなたの名前)
連絡先:××××××××

びっくりさせてごめんなさい。
普段はチャンスがないので、バレンタインに思い切って話しかけてみました。
ずっと好きだったんです。
今度、2人だけで会ってもらえませんか?
ゆっくり話がしたいです。

△△(←あなたの名前)
連絡先:××××××××

顔見知り

出会った時から毎日◯◯君のことが気になっていました。
もっと話をしてみたいと思っています。
私からメールしても良いですか?

△△(←あなたの名前)
連絡先:××××××××

初めて話した時、とっても楽しい人だなと思いました。
あれからずっと◯◯さんのことが好きです。
まだお互いのことあまり知らないけど、これから仲良くしてもらえたら嬉しいです。
今度、一緒にご飯に行きませんか?
お話できることを楽しみにしています。

△△(←あなたの名前)
連絡先:××××××××

いつもお疲れ様です!
大好きな◯◯さんのためにバレンタインデーのチョコレートを作りました。
今度2人でどこかに遊びに行きたいけどどうですか?
お返事を待っています!

△△(←あなたの名前)
連絡先:××××××××

親しい関係

Happy Valentine’s Day To You!

いつも優しくしてくれてありがとう。
◯◯君と一緒にいるととっても落ち着くんです。
私の特別な存在になってもらえませんか?

△△(←あなたの名前)

Happy Valentine’s Day To You!

ずっと◯◯君のことが大好きでした。
喜んでもらいたくてチョコを作ってみたので良かったら食べてね!

△△(←あなたの名前)

Happy Valentine’s Day To You!

普段一緒に居すぎて分からなかったけど、◯◯さんは私にとって大切な存在なんだってことに気がつきました。
好きです。
これからもずっと一緒にいたいです。

△△(←あなたの名前)

以上はあくまでも例文です。

あなたと相手の関係性を考えて、気持ちが伝わるシンプルな文章を書きましょう。

相手が読んだ後に「一度会って話してみようかな」と、自然にあなたのことを意識し始めるような内容になることが理想ですね。

さて、メッセージがうまく書けたとしても、安心するのはまだ早いです。

渡し方が大事なんですよ。

スポンサーリンク

渡し方のポイント

メッセージを渡す時は、バレンタインデー当日に自然に渡すようにすると良いですね。

あらかじめ、渡すチャンスを作っておきましょう。

男性は、改めて渡されるということに少々気後れする傾向にあるようです。「どうぞ」とさりげなく渡される方が、単純明快で嬉しいようですよ。

クラスメイトや職場の同僚など毎日顔を合わす機会のある人は、前もって一緒に帰れるように誘っておくと良いですね。道中で話しながら、自然に渡すことができるのではないでしょうか。

職場などで義理チョコに紛れて渡す場合は、本命の彼は一番最後に渡しましょう。「◯◯さんだけ特別です」と一言伝えると、急激に意識してもらえること間違いなしですよ。

食事など一緒に出かけた時は、「今日は楽しかった」と一言お礼を添えて別れ際に渡すと良いでしょう。会ったばかりに渡すよりは、次回会うまで時間を置くことで、相手に考える時間を与えることができます。

まとめ

男性は女性と違って理由を考える人が多くないので、なるべく分かりやすいメッセージを贈ることがポイントですね。

それから、メッセージを書いた後は必ず読み返しましょう。

場違いな文章だったり誤字があったりすると、せっかくのチャンスが台無しになりますよ。

声に出して読むと、相手にどう伝わるか雰囲気を掴めるのでオススメですね。
(誰もいないところで読みましょう)

ここで紹介したメッセージの例文や渡し方のポイントを参考にして、片思いの告白をぜひ頑張って下さいね!

スポンサーリンク

行事

Posted by 管理者