クリスマスカードのメッセージ文例!彼氏や彼女に伝わる書き方

行事

クリスマスに彼氏や彼女にクリスマスカードを贈りたいけど、どんな言葉を書けば喜ばれるのか分からず悩んでいませんか?

特別な日に贈る特別なメッセージなので、自分の気持ちを相手にうまく伝えたいですよね。

そこで、クリスマスカードのメッセージの文例をまとめてみました。

スポンサーリンク

クリスマスカードの書き方のポイント

クリスマスカードの書き方には、いくつかポイントがあります。

長々と書かない

長々と文章を書くと、読むのに疲れて気持ちが伝わりません。

短くシンプルに書いた方が相手にとって分かりやすく、自分の気持ちが伝わりやすいです。

メッセージの中に名前や相手を示す言葉を書く

メッセージの中に名前や二人だけの愛称などが書かれていると、自分に向けられた言葉であることがはっきりします。

気持ちの込もったメッセージを書く

いつも相手をどう想っているのか、気持ちをしっかり伝えましょう。

自分をちゃんと見てくれていることが分かると嬉しくなるものですよ。

「ずっと一緒にいよう」
「これからが楽しみ」
「一緒にいられて嬉しい」
「いつもありがとう」
「幸せです」

先の事もちゃんと考えていること、感謝していることが伝わるようなメッセージがあると良いですね。

「いつもお疲れ様」
「頑張ってね」

仕事に追われている時に労いの言葉は嬉しいですよね。

ネガティブな表現は使わない

「どうせ…」「こんな僕(私)を…」などネガティブな言葉が入っていると、読んでいて不快な気持ちになります。

前向きな表現で気持ちを伝えましょう。

「◯◯なところが頼れる」
「◯◯なところが素敵」

自分に目を向けるのではなく、相手に目を向けるようにしましょう。

長所を褒めたりどんな所が良いかなど、具体的に書くと良いですよ。

褒めてもらって嫌がる人はいません。「そんな風に思ってくれていたんだ」と嬉しくなるものです。

素直な気持ちを伝える

素直な気持ちを伝えることが大切なことです。

相手は、格好良い言葉を聞きたいのではなく、自分のことをどう想っているかを聞きたいのです。

表現にこだわりすぎると、「何かのマネ?」と思われるかもしれませんよ。

愛の言葉など、普段言えない素直な気持ちを書くと良いですよ。

「愛してる」
「大好き」

恥ずかしくて言えない人は多いかもしれませんが、言われたらやっぱり嬉しいですよね。

彼氏へのメッセージ文例

decoration-blue

メリークリスマス

いつも優しくしてくれてありがとう

男らしい◯◯君が大好きです

メリークリスマス

初めて◯◯君と過ごすクリスマス

とっても幸せです

来年も一緒に過ごせたら嬉しいな

いつもお疲れ様です。

忙しい中、特別な時間を作ってくれてありがとう。

◯◯君が大好きです。

メリークリスマス

メリークリスマス。

今日は会えないけど、◯◯君を想っている時間がすごく幸せです。

これからもよろしくね!

愛してるよ。

メリークリスマス。

今年も一緒に過ごせて嬉しいです。

笑顔が素敵な◯◯君が大好きです。

メリークリスマス

大好きな◯◯くん

これからも仲良くしてね

スポンサーリンク

彼女へのメッセージ文例

decoration-pink

メリークリスマス

いつも支えてくれてありがとう

◯◯ちゃんと一緒に過ごせる日々が幸せです

愛してるよ

メリークリスマス。

今年のクリスマスは一緒に過ごせなくてさみしいけど、
離れていても◯◯ちゃんの事をいつも想っています。

大好きだよ。

メリークリスマス

◯◯ちゃんと今年も一緒に過ごせて幸せです

これからもずっと一緒にいよう

大好きです

メリークリスマス。

頑張って◯◯をしてくれてありがとう!

これからもずっと愛してるよ。

メリークリスマス

◯◯ちゃんの笑顔が大好きです

これからもずっと一緒にいようね

メリークリスマス

初めて一緒に過ごすクリスマスだね

大好きな◯◯ちゃんと一緒にいられて幸せです

来年も一緒に過ごそうね

まとめ

恥ずかしくて普段なかなか伝えられない事も、クリスマスカードなら伝えやすいですよね。

メールやLINEも良いけれど、特別な日に素直な気持ちを伝える「言葉の贈り物」はきっと相手の心に響くはずです。

クリスマスカードを贈って、素敵なクリスマスになると良いですね。

関連記事
クリスマスプレゼントはいつ渡す?ベストなタイミングと渡し方
クリスマスのカップルの過ごし方!家デートのおすすめプラン
彼女が喜ぶ人気のクリスマスプレゼントおすすめ10選
彼氏が喜ぶ人気のクリスマスプレゼントおすすめ10選
クリスマスプレゼントの平均予算は?社会人や学生・子供の相場

スポンサーリンク

行事

Posted by 管理者