インフルエンザで吐き気や嘔吐の症状が出た時の対処法

生活

インフルエンザにかかると、吐き気嘔吐の症状が出る場合がありますよね。

症状が強く出ると、薬を飲んでもすぐに吐き出してしまうことがあり、インフルエンザがなかなか治らないということになってしまいます。

そこで、インフルエンザで吐き気や嘔吐の症状が出た時の対処法をまとめてみました。

正しい対処法を知っておくと、いざという時に役に立ちますよ。

スポンサーリンク

インフルエンザによる吐き気や嘔吐の原因

インフルエンザの症状には「高熱」「関節痛」「全身の倦怠感」といったものがありますが、「吐き気」や「嘔吐」の症状が出る場合があります。

吐き気や嘔吐の症状が強く出る原因は、インフルエンザB型にかかった時インフルエンザの薬の副作用であると言われています。

インフルエンザB型

virus_character

インフルエンザは「A型」「B型」「C型」の3種類あり、吐き気や嘔吐の症状が出やすいのはB型です。

A型の特徴

  • 38度以上の高熱が出る。
  • 関節痛、全身の倦怠感(だるさ)を感じる。
  • のどの痛み、咳など気管系の症状が出やすい。
  • ウイルスが変異しやすいため、ワクチンができるまで治りにくい。

B型の特徴

  • 38度前後の熱が出る。
  • 腹痛、胃炎、下痢など消化器系の症状が出やすい。
  • ウイルスが突然変異することがなく、免疫を持っていればかかりにくい。

C型の特徴

  • 38度前後の熱が出る。(38度以上の高熱が出ることは滅多にない)
  • 鼻水が出やすい。
  • 2回かかることは滅多にない。

流行する種類は毎年違いますが、A型とB型は流行しやすい傾向にあります。

特に、B型は一般的な風邪の症状とよく似ており、消化器系の症状が強く出やすいと言われています。

B型にかかると、吐き気や嘔吐の症状が出やすいということですね。

インフルエンザの薬による副作用

medicine

インフルエンザの薬を飲むと、副作用として吐き気や嘔吐の症状が出ることがあります。

インフルエンザの治療ができる薬は4種類あります。

  • タミフル
  • リレンザ
  • ラニナミビル
  • ペラミビル

これらの薬を飲むことをやめると、吐き気や嘔吐の症状がなくなることがあります。

ただ、薬を飲まないとインフルエンザの症状が悪化するため、薬の副作用が出ていることを個人で判断するのは危険です。

吐き気や嘔吐の症状があることを医師に相談するようにしましょう。

では、インフルエンザで吐き気や嘔吐の症状が出た場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

吐き気や嘔吐の対処法

吐くのを我慢しない

virus_outo

吐き気がしたら、我慢せずに吐いてしまいましょう。

吐き気がするということは、体がウイルスを体外に排出しようとしているということです。吐くのを我慢していると、ウイルスを体内に留めておくことになります。

吐くことで体内のウイルスを外に出すことができるので、我慢しないようにしましょう。

吐き出したものにはウイルスが入っている可能性があります。後処理する人は、感染しないように注意しましょう。

後処理の注意点

  • 「マスク」「ゴム手袋」「エプロン」を身に付けて処理する。
  • 処理に使ったものはすぐに捨てる。
  • 処理中に着ていた服はすぐに洗う。
  • 手や腕を洗う。(可能であれば全身をシャワーで流す)

水分補給

medicine_cup_water

嘔吐が続く場合、こまめに水分補給することが大切です。

高熱による発汗と嘔吐によって体内の水分が失われるため、脱水症状になりやすくなります。

体内の水分が不足すると、身体中に栄養素が運ばれにくくなったり老廃物が体外に排出されにくくなったりします。そうなると、インフルエンザの症状が悪化することがあります。

脱水症状になると回復が遅れることがあるため、こまめに水分補給するようにしましょう。

ドラッグストアで販売されている経口補水液(500mlのペットボトルで1本200円程度)がおすすめです。脱水症状の改善に有効な飲み物と言われています。

ただし、吐いた後ですぐに水分を摂ると、またすぐに吐いてしまう可能性があります。落ち着いた頃を見計らって水分を摂るようにしましょう。

病院で点滴を打つ

medical_tenteki

強い吐き気がある場合は、病院で点滴を打つと良いでしょう。

吐き気で薬が飲めないことを医師に相談し、インフルエンザにかかっていると判断された場合に点滴による治療が受けられます。

まとめ

インフルエンザにかかるといろいろな症状が出ますが、吐き気や嘔吐はつらいですよね。

インフルエンザにかかって弱っている時に、「薬も飲めない」「水分や食事も受け付けない」状態は危険ですからね。

吐き気や嘔吐の症状が強いときは、我慢しないようにしましょう。

そして、早めに病院で診察を受けるようにしてくださいね。

関連記事
インフルエンザで腹痛と下痢の症状がつらい時の対処法
インフルエンザの初期症状は?幼児や子供の熱には要注意
インフルエンザの症状が軽い場合の正しい対処法とは

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者