インフルエンザで腹痛と下痢の症状がつらい時の対処法

生活

インフルエンザに感染すると、高熱が出るだけではなく腹痛や下痢といった症状が出ることがあります。

高熱や全体の倦怠感などがある中で、さらに腹痛や下痢になると身体的にも精神的にもつらいですよね。

そこで、インフルエンザが原因で腹痛や下痢になった時の対処法をまとめてみました。

つらさを少しでも軽減できるように、対処法を知っていざという時に備えておきましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザによる腹痛と下痢の原因

発熱と腹痛や下痢の症状が出たからといって、原因はインフルエンザではない可能性もあるようです。

インフルエンザウイルスによるもの

B型インフルエンザにかかると、消化器系に症状が強く出ると言われています。

タミフル服用による副作用

タミフルを服用した場合の副作用として、腹痛や下痢の症状が出る人もいます。その場合の症状は軽く、タミフルの服用を辞めれば症状は治まります。

ただし、タミフルの服用を途中でやめるとインフルエンザが再発する恐れがありますので、処方された分はきちんと飲み切るようにしましょう。

インフルエンザウイルス以外のウイルス

発熱があり腹痛や下痢の症状が出たら、インフルエンザを疑う人が多いと思います。

しかし、別のウイルスの可能性もあるようです。

38度以下の発熱と腹痛や下痢の症状が強く出るウイルスには、次のようなものがあります。

  • ノロウイルス
  • ロタウイルス
  • アデノウイルス

これらのウイルスにかかっている場合は、インフルエンザのように38度を超えるような高熱は出ないですが、腹痛や下痢に加えて嘔吐の症状が強く出るようです。インフルエンザ以外のウイルスである可能性を疑った方が良いかもしれません。

とはいえ、どのウイルスにかかっても症状が悪化すると大変なので、個人で判断するのではなく病院で診察を受けて、適切に処置してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

腹痛と下痢の対処法

腹痛と下痢が続く場合、とにかく大切なのは水分を取ることです。

トイレを我慢しない

virus_benpi

インフルエンザで高熱が出て全身の倦怠感もある場合、動くのが億劫になりますよね。だからと言って、トイレを我慢するのはよくありません。

下痢や嘔吐によってウイルスを体の外に排出してくれるので、早く良くなるためにも我慢せずにトイレに行くようにしましょう。

整腸剤の服用

下痢の症状が激しい時はすぐに体外に排出されてしまうので、下痢の症状が落ち着いてから服用しましょう。

腹部は締め付けない

ベルトや締め付けのきつい服を着用せずに、お腹周りはゆったりとさせましょう。

また、手でさすることで痛みを抑えたり排便を促したりする効果も期待できます。

水分補給

drink_water_boy

高熱で汗をかいている場合、下痢や嘔吐を繰り返していると脱水症状になりやすくなります。脱水症状になると症状が悪化したり回復が遅れたりすることがあります。こまめに水分補給をして体内の水分がなくならないようにしましょう。

特に、乳幼児や65歳以上の高齢者は注意が必要です。

乳幼児の場合は大人より汗をかく量が多く、一度に失われる体内の水分量が多いですが、一度に大量の水を飲むことができません。少量をこまめに飲ませて脱水症状にならないようにしましょう。

65歳以上の高齢者の場合はのどの渇きを感じにくい傾向があります。また、トイレや水分補給のために動くことを煩わしく思ってしまう人もいるようです。時間を決めるなどして定期的に水分を取るように促してあげましょう。

食事

food_okayu

腹痛や下痢の症状があるということは、消化器官に負担がかかっています。負担がかかっている消化器官にさらなる負担をかけないためにも、おかゆなど消化の良い食事を心がけ、食物繊維や脂肪の多いものは控えましょう。

ただし、無理に食べる必要はないので、水分だけはこまめに取りながら胃を休ませてあげることも大切です。

まとめ

インフルエンザで腹痛や下痢の症状が出ると、よりつらい思いをしますね。

発熱や腹痛、下痢といった症状が出ても、インフルエンザではない可能性もあること、腹痛や下痢の症状が強い時には脱水症状に気を付けることは覚えておきたいですね。

症状を悪化させないためにも、病院で診察を受けて、正しい処置を受けることが大切ですよ。

関連記事
インフルエンザの初期症状は?幼児や子供の熱には要注意
インフルエンザの症状が軽い場合の対処法とは
インフルエンザ予防接種を受ける最適な時期と回数や間隔

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者