インフルエンザの症状が軽い場合の正しい対処法とは

生活

インフルエンザと聞くと高熱が出るイメージがありますよね。

しかし、微熱があるだけで「軽い風邪かな」と思い、病院に行ってみたら実はインフルエンザだったということもあるようです。

インフルエンザの症状が悪化すると肺炎や脳炎などの合併症を引き起こす可能性があるため、対処を間違えると大変なことになりかねません。

そこで、インフルエンザの症状が軽い場合の正しい対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

軽いインフルエンザとはどんな症状?

sick_netsu

インフルエンザにかかると高熱が出る印象が強いですが、熱なし・微熱のように症状が軽い場合もあります。

インフルエンザの主な症状

  • 38度を超える高熱
  • 悪寒
  • 全身の倦怠感
  • 関節痛や筋肉痛
  • くしゃみや鼻水
  • のどの痛み
  • 頭痛

軽いインフルエンザの症状

  • 熱なし
  • 微熱

では、インフルエンザの症状が軽い人とは、どのような人なのでしょうか?

インフルエンザの症状が軽い人とは

インフルエンザの症状が軽い人には次のような共通点があるようです。

風邪薬を服用している

風邪薬には、熱を下げたり痛みを抑える成分が含まれていることが多いです。インフルエンザにかかった際に、症状を緩和してくれることがあります。

風邪だと思って風邪薬を飲んでいると、インフルエンザに気付かない可能性がありそうですね。

インフルエンザの予防接種を受けている

インフルエンザを予防接種を受けていると、微熱などの軽い症状で済む場合があります。

予防接種には、インフルエンザの症状を悪化させない効果があります。

http://scramblenet.com/3722.html
http://scramblenet.com/3660.html
http://scramblenet.com/3502.html

近年、予防接種に対する関心が高まっているのは、症状の軽いインフルエンザが増えていることが一因と言えるかもしれませんね。

インフルエンザの症状が軽い場合の対処法

症状が軽い場合でも、病院で診察を受けるようにしましょう。

症状が軽いといっても、インフルエンザウイルスを所有していることに変わりはありません。風邪と間違えやすいですが、個人で風邪とインフルエンザを判別することはできません。どちらの場合でも病院に行けば対処してくれます。

「風邪かな?」と思ったら、病院に行って検査を受けることをおすすめします。

そこでインフルエンザと診断されたのなら、周りの人への感染を予防するためにも、薬をもらって家でおとなしくした方が良いでしょう。

症状が軽い場合は、インフルエンザにかかっていることに気付かないうちに完治してしまうことがあるようです。
スポンサーリンク

インフルエンザの症状が軽い場合は外出OK?

症状の重さに関わらず、完治するまで外出は控えましょう。

個人差はありますが、インフルエンザは7日で治ると言われています。発症してから3〜7日間は鼻やのどからウイルスを排出し、熱が下がるとウイルスの排出量は減るようです。

ただ、熱が下がっても体内にインフルエンザウイルスは残っています。

学校保健安全法では、熱が下がってから2日間(幼児は3日間)は出席停止とされています。症状が軽いからと言って外出すると、周りの人にウイルスを移してしまう可能性があります。

治るまでは外出しないようにしましょう。

まとめ

症状が軽いインフルエンザだとしても、体内にはインフルエンザウイルスがいます。周りの人に移さないためにも、症状が重さに関わらず、薬を飲んで治るまで外出を控えた方が良いですね。

インフルエンザかどうかは個人で判断するのが難しいので、疑わしい場合はすぐに病院を受診するようにしましょう。

関連記事
インフルエンザ予防接種後の運動はなぜダメ?いつから大丈夫?
インフルエンザ予防接種を受けた当日にお風呂に入っても大丈夫?
大根おろしの栄養と効能!便秘解消や風邪予防に効果あり

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者