インフルエンザ予防接種を受けた当日にお風呂に入っても大丈夫?

生活

インフルエンザの予防接種を受けた時に、お医者さんから「今日はお風呂に入らないでね」と言われたことはありませんか?

ちょっとくらいだったら入っても良い気がしますが、お風呂に入るのはダメなのか気になりますよね。

そこで今回は、インフルエンザの予防接種後の入浴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

予防接種を受けた当日に入浴しても良い?

以前は予防接種を受けた当日の入浴は禁止されていましたが、現在は予防接種を受けた当日にお風呂に入っても良いとされています。

昔は家庭にお風呂がなく、大衆浴場(銭湯)を利用する人が多い時代でした。いろいろな人が一つの湯船につかるため衛生状態が悪く、お湯の中に細菌がいることもあったようです。

予防接種を受けた当日に大衆浴場に入ると、注射した場所から細菌が入り込み、感染症にかかる可能性が高かったのです。

しかし、家庭でお風呂に入れるようになり、感染症にかかる可能性が低くなったことから、予防接種を受けてから1時間経てば、お風呂に入っても良いということになりました。厚生労働省のサイトにも、「入浴しても大丈夫」という記載があります。

1時間後という条件が付いているのは、予防接種の副作用が出ていないか確認するためです。予防接種を受けた後で、ごく稀に強い副作用が出ることがあります。強い副作用は30分以内に出ることが多いため、副作用の有無を見極めるために1時間後という条件が付いています。

1時間経過して副作用が出なければ、お風呂に入っても大丈夫です。もし副作用が出たのであれば、お風呂に入るのは控えましょう。

http://scramblenet.com/3660.html

ただし、お風呂に入って良いからと言っても、注意しなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

予防接種後にお風呂に入るときの注意点

長時間の入浴

お風呂に入ると血行が良くなりますが、予防接種の効果が強く出すぎて、副作用が出たり効果が早く切れたりする可能性が高くなります。

湯船につかるより、シャワーで済ませた方が良いのかもしれませんね。

http://scramblenet.com/3722.html

熱いお湯につかる

予防接種を受けると体がワクチンに反応するため、自分では気付かなくても体は疲れた状態になります。

例えば、40℃のお湯につかる最適な時間は15分と言われていますが、それ以上は体に負担がかかります。体が疲れることで、免疫力が下がって抗体ができない可能性があります。

40℃以上の熱いお湯につかりたい場合は、5分以上はつからないようにしましょう。

強くこすらない

お風呂に入って体を洗う際、注射した場所を強くこすると炎症を起こす可能性があります。厚生労働省のサイトにも、「注射したところを強くこすることはやめましょう」という記載があります。

注射した場所をなるべく避けて体を洗うようにしましょう。

まとめ

  • 予防接種を受けて1時間経てば、お風呂に入ることができる。
  • 長時間の入浴、熱いお湯につかる、強くこすることは避ける。

家庭に浴室ができたことで、予防接種を受けた当日にお風呂に入れるようになりました。これで、すっきりした状態で寝ることができますね。

ただ、お風呂に入る際は、体に負担をかけないようにしなければなりません。

湯船につかりたい気持ちは分かりますが、体のことを考えると、予防接種を受けた当日だけはシャワーで済ませた方が良いのかもしれませんね。

関連記事
インフルエンザ予防接種の前日や当日に飲酒しても大丈夫?

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者