インフルエンザ予防接種の効果!有効期間はどれくらい?

生活

寒くなって乾燥すると流行り出すインフルエンザ。

インフルエンザにかからないように予防接種を受けておきたいところですが、効果があるのか気になりますよね。

予防接種を受けてもインフルエンザにかかる人がいるので、予防接種に意味があるのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、インフルエンザの予防接種の効果と有効期間についてまとめてみました。

スポンサーリンク

予防接種の効果

インフルエンザの予防接種には、主に2つの効果があります。

  • インフルエンザに感染する確率を下げる。
  • インフルエンザの症状を緩和する。

厚生労働省によると、インフルエンザワクチンにウイルスを完全に抑える働きはないが、症状を抑えることはできるとしています。65歳以上の高齢者を対象にした調査では、約45%の発病を防ぎ、約80%の死亡を防ぐことができると報告されています。

インフルエンザにかかりにくくなり、もしかかったとしても症状が緩和されるので、予防接種を受けておいて損はないと思いますよ。

http://scramblenet.com/3660.html
http://scramblenet.com/3685.html
http://scramblenet.com/3668.html

しかし、予防接種を受ければインフルエンザに絶対かからないという保証はありません。

なぜ予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまうのでしょうか?

予防接種を受けてもインフルエンザにかかる理由

baikin_genki

ウイルスは変異しやすい

インフルエンザウイルスは変異しやすいという特徴があります。

現在確認されているのはA型・B型・C型の3つで、毎年流行するのがA型とB型のウイルスです。このうち、変異して新型が生まれやすいのがA型と言われています。

インフルエンザワクチンは、国内外のインフルエンザ情報をもとに流行するウイルスを予想して作られていますが、予想と違うウイルスが発生すると、ワクチンを接種しても抗体がウイルスに反応しないため、インフルエンザにかかってしまいます。

そのため、去年予防接種を受けて抗体ができても、今年は別のウイルスが活動して抗体が意味をなさない可能性があります。「去年受けたから大丈夫」ということはないので、インフルエンザの予防接種は毎年受けた方が良いのです。

最近は予想の精度が高くなってきているので、予想が外れることはあまりないと言われています。

感染経路の問題

インフルエンザウイルスは空気中を浮遊し、鼻から感染します。

インフルエンザの予防接種は血液に行うため血液に免疫ができますが、鼻の免疫細胞が活性化していないと、予防接種を受けたとしても感染する場合があります。

特に、冬場は空気が乾燥しているためウイルスが浮遊しやすい時期です。せきやくしゃみで飛び散ったウイルスを、口や鼻から吸い込んで感染する確率が高くなります。

抗体ができる前に感染

インフルエンザの予防接種を受けても、すぐに効果は現れません。

体内に抗体ができるまで、約1~3週間ほどかかると言われています。予防接種を受けた後でも、抗体ができる前であれば感染します。

インフルエンザウイルスの潜伏期間は2〜7日間と言われており、予防接種を受ける時点で感染している可能性があります。インフルエンザワクチンは治療薬ではないため、発症を防ぐことができません。

インフルエンザが流行する前であれば、感染前に予防接種を受けて防ぐことができます。しかし、流行後に急いで予防接種を受けたとしても、すでに感染している可能性があるのです。

では、予防接種の有効期間はどれくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

予防接種の有効期間

一般的に、予防接種の有効期間は約5ヶ月と言われています。

予防接種を受けてから抗体ができるまで約1〜3週間、抗体の効果がピークを迎えるのが1ヶ月後で、3ヶ月を過ぎると徐々に効果が薄れていくと言われています。

インフルエンザが流行り始めるのが12月くらいなので、抗体ができるまでの期間を逆算すると、11月下旬までには予防接種を受けておいた方が良い計算になります。

また、予防接種を1回受けるのと2回受けるのでは、インフルエンザを予防できる確率が変わります。

1回目:約60~70%
2回目:約90%

1回受けると約60%の確率で予防できるため十分そうに思えますが、2回受けると約90%まで予防できる確率が上がります。予防接種を受ける場合は、2回受けた方が良さそうですね。

http://scramblenet.com/3502.html

まとめ

  • 予防接種を受けても感染する可能性はある。
  • 予防接種の有効期間は約5ヶ月。
  • 11月には予防接種を終わらせる。

予防接種を受けたとしても、インフルエンザの感染を100%防ぐことはできません。

ただ、かかる確率を下げたり症状を抑えたりする効果はあるので、受けておけば安心感につながります。

予防接種を受けるか受けないかは個人の自由ですが、効果がないわけでないので、受けておいて損はないと思いますよ。

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者