インフルエンザ予防接種の料金は?病院ごとに値段が違う理由とは

生活

インフルエンザの予防接種を受け行く際、料金が気になりませんか?

家族全員が予防接種を受けるとなると想像以上に出費がかさむことがあるので、できるだけ安く抑えたいですよね。

そこで、インフルエンザ予防接種の料金についてまとめてみました。

スポンサーリンク

予防接種の料金の相場

それぞれの地域(自治体)によっては助成金が出ているところもあり、単純には比較できませんが、だいたいの目安になる料金を調べてみました。

子供

1回につき3,000円前後が一般的な料金です。

生後6か月以上13歳未満の子供の場合は2回に分けて接種するため、1回目と2回目で料金が発生します。

例1:東京都の小児科

一律3,000円(2回で6,000円)

※年齢の関係なし

例2:岡山県の耳鼻科

1回目 3,000円
2回目 2,500円

※年齢の関係なし

例3:北海道の小児科

生後6ヶ月以上3歳未満
1回目 3,000円
2回目 2,500円

3歳以上13歳未満
1回目 3,500円
2回目 2,500円

大人

13歳以上65歳未満の人は、基本的には3,500円前後となりますが、病院ごとに差があるようです。

会社に勤めている場合、会社から補助が出て会社で接種する日が設けられる場合もあります。病院に足を運ばずに済むので、接種時期に確認してみるのも良いですね。

ちなみに、予防接種の補助金は、加入している健康保険組合、勤めている会社、自分の住んでいる地域によって申請の仕方や助成額が異なります。

例1:東京都の内科

通常のインフルエンザワクチン
4,000円

水銀を含まないインフルエンザワクチン
5,000円

例2:愛知県の内科

通常のインフルエンザワクチン
3,500円

水銀を含まないインフルエンザワクチン
4,000円

高齢者

65歳以上の場合、助成金の額が地域(自治体)によって異なるため、同じ病院でも年齢や住所で料金が変わることがあります。

自己負担額は1,500~2,000円が目安になるようです。

ただし、料金で予防接種を受ける病院を決めるのではなく、かかりつけ医で体調などを考えながら接種するほうが良い場合もありますね。

家族で受ける場合

病院によっては、家族同時に接種すると家族1人につき数百円安くなる家族割を設定しているところもあります。

近くの病院を確認してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

予防接種の料金に違いがある理由

インフルエンザの予防接種の料金に違いがあるのは、治療ではないため全額自己負担であり、病院ごとに値段を自由に設定できるからです。

病院ごとの違い

インフルエンザワクチン1本の仕入価格は2,100円と言われており、仕入価格に人件費や在庫管理費などをプラスして価格を設定しています。

これの他に、病院の事情や地域の事情が関係しています。

  • 仕入先メーカーの違い。
  • 1回の仕入数の違いによる仕入価格の違い。
  • かかりつけ医を優先するよう誘導するために総合病院の料金を高くしている。
  • 通常業務に影響しないように、料金を高く設定して予防接種を受けに来る人を調整している。
  • 病院に来てもらえるように値段を下げている。 など

病院の予防接種に対する考え方の違いなどが料金に反映されているようですね。

予防接種を1,000程度で実施している病院もありますが、患者を集めるための広告として考えているようです。ワクチンだけで考えれば赤字ですが、患者が増えれば病院全体の儲けが増えるので問題ないということですね。

最近は、防腐剤として使用されている水銀を含まないワクチンが開発されていますが、製造できる量が少ないため、一般のワクチンよりも1,000円前後値段が高くなるようです。

ちなみに、料金に違いはあっても効果に違いはありません。

大人と子供の違い

大人と子供で予防接種の料金が違うのは、1回の接種量と接種回数が違うからです。

生後6ヶ月以上3歳未満
0.25ml 2回接種

3歳以上13歳未満
0.5ml 2回接種

13歳以上
0.5ml 1回接種

13歳以上の子供は1回の接種でも良いですが、13歳未満の子供は2回接種することになっています。回数が多い分、料金も高くなってしまいます。

予防接種の回数については、こちらにまとめています。

http://scramblenet.com/3502.html

また、インフルエンザワクチン1本分の量は約1ml(大人2人分)ですが、開封したらその日のうちに使い切らなければならないという性質があるため、予防接種を受けに来る人数によっては廃棄されることもあります。廃棄分も見込んで、料金を設定しているようです。

まとめ

家族みんなで予防接種を受けるとなると、家計に響いて大変ですよね。新しいインフルエンザワクチンが登場すると料金も変わるので、さらに大変になる可能性もあります。

安く済ませたいところですが、そう考えるのはみんな同じです。予防接種の料金が低い病院に集まりやすいので、在庫がなくて受けられないということがあるかもしれません。

予防接種を受ける場合は、情報を集めておきましょう。経済的にも健康にもダメージがないようにしたいですね。

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者