インフルエンザ予防接種は妊婦が受けても赤ちゃんに影響はない?

生活

毎年冬になると猛威をふるうインフルエンザ。妊婦や体の弱い方などは、かかりたくないものですよね。

でも、妊婦はインフルエンザの予防接種を受けても良いのでしょうか?

母体や赤ちゃんへの影響が気になりますよね。

そこで今回は、インフルエンザ予防接種について、母体と赤ちゃんに与える影響をまとめてみました。

スポンサーリンク

予防接種が母体と赤ちゃんに与える影響

インフルエンザワクチンが、母体や赤ちゃんに影響を与えることはないとされています。

厚生労働省の資料では、

  • 妊娠初期にインフルエンザワクチンの接種を受けたことにより流産や先天異常の発生リスクが高くなったという報告は現在のところありません。
  • 予防接種における有益性と危険性を、ご自身の基礎疾患や出産予定日等を踏まえて主治医と相談した上で、接種の適否とその時期を決定するようにしてください。
  • また、新型インフルエンザワクチンは母乳を介してお子様に影響を与えることはないとされています。

厚生労働省「妊娠されている方へ」

と報告されています。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンと呼ばれ、死んだインフルエンザのウイルスから作られています。毒性はなく、接種後に体内で増えることもありません。

そのため、母体や赤ちゃんに影響はないというわけです。

インフルエンザの予防接種を受けると副作用が出る可能性はありますが、必ず出るわけではないですし、軽い風邪の症状や接種した部分が腫れる程度で済む場合がほとんどです。

インフルエンザ予防接種の副作用は、こちらにまとめています。

http://scramblenet.com/3660.html

妊婦こそインフルエンザの予防接種を受けた方が良いのです。

妊婦が予防接種を受けた方が良い理由

重症化しやすい

妊婦がインフルエンザにかかると、それ以外の人に比べて重症化しやすいです。

妊娠中は赤ちゃんに栄養分が送られているため、体力が低下して免疫力が落ちています。病気にかかりやすく治りにくい状態なので、インフルエンザの症状が長引いたり悪化したりすることもあります。

治療するにも、母体に負担がかかるため強い薬を使うことができません。インフルエンザワクチンよりも、治療薬が赤ちゃんに悪影響を与える可能性の方が高いのです。

症状が悪化すると肺炎やインフルエンザ脳症(けいれんや意識障害)を発症する可能性もあるので、予防接種の副作用よりもインフルエンザにかかった時の方がはるかに大変なんです。

お腹の赤ちゃんに抗体が送られる

妊娠中に予防接種を受けることで、お腹の赤ちゃんに抗体が送られます。

赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けられるのは、生後6ヶ月を過ぎてからです。6ヶ月未満の赤ちゃんは免疫機能が発達していないため、予防接種を受けても抗体ができにくいと考えられています。

妊娠中に予防接種を受けてママの体内で抗体が作られると、胎盤を通して赤ちゃんに抗体が送られます。生後6ヶ月まで予防接種を受けられなくても、ママからもらった抗体に赤ちゃんが守られるということになります。

最近は妊婦に予防接種を勧める医師も多く、WHO(世界保健機関)も妊婦の予防接種を推奨しています。WHOに倣い、日本でも妊婦の予防接種を推奨しています。

予防接種の副作用のリスクと、インフルエンザにかかった場合のリスクを考えると、妊婦こそ予防接種を受けた方が良いのではないでしょうか。

と言っても、予防接種は強制ではないので、受けるか受けないかは自己判断になりますけどね。

では、妊婦がインフルエンザの予防接種を受ける場合はいつからが良いのでしょうか?

スポンサーリンク

妊婦は予防接種をいつから受けられる?

予防接種が母体や赤ちゃんに影響を与えることはないので、妊娠週数にかかわらずいつ受けても良いとされています。

ただし、妊娠初期(12~16週くらい)は流産の恐れがあるので予防接種は避けた方が良いとも言われています。妊娠週数は医療機関によって判断が異なるので、かかりつけ医に相談するのが一番良いでしょう。

予防接種を受ける最適な時期は、こちらにまとめています。

http://scramblenet.com/3502.html

また、アレルギーがあったり体調が優れなかったりすると、重い副作用が起きる可能性が高いです。予防接種を受ける前に、必ずかかりつけ医に相談しましょう。

まとめ

妊婦がインフルエンザにかかってしまうと重症化する恐れがあるため、ぜひ予防接種を受けておきましょう。

絶対にかからないという保証はありませんが、かかる確率を減らしたり症状を軽減したりできます。

お腹には赤ちゃんがいるので、自分と赤ちゃんの二人を守らなければなりません。

予防接種を受けるかどうかは個人の自由ですが、普段から健康に気遣い、病気に感染しないように気を付けましょうね。

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者