インフルエンザ予防接種の副作用は?腫れや発熱時の対処法

生活

インフルエンザの予防接種を受けるときに、気になるのが副作用ではないでしょうか。

インフルエンザにならないように予防接種を受けたのに、副作用で苦しい思いはしたくないですよね。

そこで、インフルエンザの予防接種の副作用と、副作用が出た時の対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

副作用の症状

一般的に、インフルエンザの予防接種を受けて副作用が出る確率は10〜20%と言われています。

この確率を高いとするか低いとするかは人それぞれですが、副作用が絶対出ないというわけではありません。

予防接種の副作用には、このような症状があります。

接種した箇所の腫れ・痛み

注射したところが腫れたり痛んだりします。2〜3日で治ることが多いですが、悪化していないか確認する必要があります。

発熱・頭痛・寒気・だるさ・鼻水・めまい・下痢

発熱やだるさなど、風邪に似た症状を発症します。通常は2〜3日で治ることがほとんどです。

ただ、インフルエンザワクチンは不活性化ワクチンと呼ばれていて、体内で病原体が増殖することがなく、これらの症状が出る可能性は低いと言われています。(全く出ないわけではありません)

予防接種を受けたタイミングと風邪をひいたタイミングが重なっただけかもしれないので、病院で診察してもらうと良いでしょう。

蕁麻疹(じんましん)

稀に蕁麻疹が出る人もいるようですが、2〜3日で消えるようです。

ただ、予防接種が原因なのか特定できないこともあるため、念のため予防接種を受けた病院に相談してみるのが良いでしょう。

アナフィラキシー

予防接種を受けて10〜15分後に、息苦しさや血圧低下などの症状を発症することがあります。

100人に1人あるかないかの副作用で、インフルエンザの予防接種を初めて受ける人に多いようです。

アナフィラキシーとは、短時間でアレルギー症状が出る反応のことです。生死に関わるほど危険な状態のことをアナフィラキシーショックと言います。

食べ物、麻酔薬、蜂刺されなど、インフルエンザの予防接種以外でも起きることがあります。

ギラン・バレー症候群

運動神経に障害が出て、筋肉が思うように動かせなくなり手足に力が入らなくなることがあるようです。

初めは風邪や下痢、1週間くらいして脱力感などの症状が出始めます。2~4週間に最も症状が重い状態になりますが、徐々に回復し、6〜12ヶ月でほぼ完治すると言われています。

稀に後遺症が残る人もいて、自立歩行ができなくなったり、最悪の場合は亡くなったりすることもあります。

インフルエンザの予防接種を受けた人のうち、10万人に1人が発症すると言われる稀な副作用です。

血小板減少性紫斑病(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)

血液中の血小板が減り、出血しやすくなる病気にかかることがあるようです。

体中に記憶にない内出血が起きたり、鼻血が出たり血を吐いたりします。

ギラン・バレー症候群と同様、発症が稀な副作用です。

副作用が出た時の対処法

副作用が出る確率は高いわけではありませんが、全く出ないわけでもありません。もし体に異常を感じたら、病院に相談するようにしましょう。

接種した箇所の腫れ・痛み

腫れている範囲が広くなければ、2~3日様子をみましょう。ただし、赤みや腫れの範囲が広がったり痛みが激しくなったりしたら、予防接種を受けた病院に相談しましょう。

発熱・頭痛・寒気・だるさ・鼻水・めまい・下痢

これらの症状は2~3日でなくなる場合がほとんどです。まずは安静にしましょう。

ただし、インフルエンザの予防接種を受けに行って風邪などをうつされた場合もあるので、症状が改善しない場合は予防接種を受けた病院に相談しましょう。

アナフィラキシー

予防接種を受けて10〜15分後に発症するので、予防接種を受けた病院にすぐ連絡しましょう。

遠方から予防接種を受けに来た場合は、予防接種を受けてから30分~1時間ほど病院で休み、異常がないか様子を見ると良いでしょう。

ギラン・バレー症候群

症状が急速に悪化するため、予防接種を受けた病院にすぐ連絡しましょう。

血小板減少性紫斑病(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)

予防接種を受けた病院にすぐ連絡し、医師の指示を仰ぎましょう。

副作用が出る原因は?

インフルエンザの予防接種で副作用が出る原因は、インフルエンザワクチンに体が反応し、体内で抗体(ウイルスと戦う物質)が作られているからです。

体内に異物(細菌やウイルス)を入れるわけなので、体が反応して何かしら異常が起きるのは当然ですよね。

予防接種を受けた人全員に副作用が出るわけではありませんが、寝不足や日頃の疲れで抵抗力が落ちていると、副作用が出やすい傾向にあるようですね。

スポンサーリンク

予防接種後の注意点

インフルエンザ予防接種のガイドラインによれば、予防接種を受けた後は普段通りに生活して構わないとのことです。

http://scramblenet.com/3577.html

ただ、予防接種を受けてから30分以内に急な副作用、24時間以内に多くの副作用が出る可能性があるので、体調に変化がないか十分に注意しましょう。

まとめ

副作用ばかりに目を向けると、予防接種を受けることが不安になるかもしれませんね。

しかし、予防接種を受けることで、インフルエンザにかかりにくくなったり、症状を軽くしたりすることができます。

アナフィラキシーやギラン・バレー症候群といった副作用はありますが、そのような重篤な副作用が出ることは稀です。

副作用のことばかりを考えるのではなく、周りの人のことを考えて予防接種を受けるかどうか決めると良いのではないでしょうか。

関連記事
インフルエンザ予防接種を受ける最適な時期と回数や間隔

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者