インフルエンザ予防接種の前日や当日に飲酒しても大丈夫?

生活

冬になると、毎年流行するインフルエンザ。

インフルエンザにかかると、熱や頭痛などの重い症状が発症して大変ですよね。インフルエンザにかからないために予防接種を受ける人が多いと思います。

しかし、予防接種を受けるといろいろな制約を受けます。お酒好きの人にとっては、予防接種を受ける前日あるいは受けた当日にお酒を飲んで良いのかどうか気になるのではないでしょうか?

お酒好きに限らず、仕事の付き合いで飲む人にとっても気になるところだと思います。

そこで今回は、インフルエンザ予防接種の前日・当日の飲酒についてまとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の前日の飲酒は大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受ける前日の飲酒は大丈夫です。

厚生労働省のインフルエンザ予防接種のガイドラインに、前日に飲酒してはいけないという記載はないので、公式な決まりはないと考えて良いでしょう。

ただし、あまり飲みすぎてはいけないようです。

基本的に、インフルエンザの予防接種は体調の良い時に受けるものと言われています。

例えば、このような場合はNGです。

  • 夜遅くから朝まで飲み続ける。
  • 接待などで、上司に言われるままに飲み続ける。

人によってアルコールの許容量が違うので全員に言えることではありませんが、予防接種を受ける前日は、ビールでコップ2杯程度(缶ビール1本より少し多いくらい)にしておいた方が良いでしょうね。

二日酔いになるほど飲んでしまった場合は、その日の予防接種はもうしない方が良いでしょう。

では、予防接種を受ける当日の飲酒はどうなのでしょうか?

インフルエンザ予防接種の当日の飲酒は大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受ける当日の飲酒は、飲み過ぎなければ大丈夫です。

当時の飲酒については、インフルエンザ予防接種のガイドラインに記載されています。

接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

厚生労働省「インフルエンザと予防接種(啓発資料)」

もし当日の飲酒がダメなのであれば、「当日の飲酒は絶対やめてください」と明記しても良いはずです。「大量の飲酒は避けましょう」ということは、解釈の仕方にもよりますが、「少量であれば大丈夫」ということになりますよね。

では、大量の飲酒がいけないのはなぜでしょうか?

スポンサーリンク

大量の飲酒がいけない理由

予防接種を受ける前や受けた後にお酒を飲み過ぎると、副作用が出る可能性があります。

副作用が出るのはあまり多いことではなく、出たとしてもそれほどひどい症状にはならないようです。

しかし、大量にお酒を飲んでしまうと、重い副作用が出る可能性が高くなると言われています。

アルコールを大量に摂取すると、血行が悪くなったり肝臓に負担がかかったりして体調が悪い方に変化してしまいます。

インフルエンザの予防接種を受ける場合は、前後2~3日は飲み過ぎに気を付けましょう。

仕事の付き合いなどでどうしても飲まなくてはいけない場合を除けば、「飲まない」という選択もありだと思いますよ。

まとめ

インフルエンザの予防接種を受ける場合は、前後の飲酒を控えた方が良さそうですね。

最初から飲まなければ、「ついつい飲み過ぎてしまった」ということもないと思います。

お酒好きで飲まないと気が済まないという人や、仕事でどうしても飲まないといけないという人は、飲み過ぎてしまわないように気を付けましょうね。

  • 予防接種の前日、当日ともに少量の飲酒であれば大丈夫。(缶ビール1本より少し多いくらいが目安)
  • お酒を飲み過ぎると重い副作用が出る恐れがある。
  • お酒を飲む場合は、予防接種の前後2~3日は飲み過ぎに気を付けよう。

関連記事
インフルエンザ予防接種を受ける最適な時期と回数や間隔

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者