おでんのカロリーは低い?ダイエットに効果的な具材とやり方

生活

冬の食事の定番と言えばおでんですね。

いろいろな具材がありますが、おでんのカロリーはどれくらいなのでしょう?

ダイエット効果があるのか気になりますよね。

そこで、おでんダイエットのやり方とダイエットに効果的な具材についてまとめてみました。

スポンサーリンク

おでんのカロリーは低い?

まずは、おでんの定番の具材のカロリーを見てみましょう。

具材 カロリー
つみれ 134kcal
餅入り巾着 125kcal
ウインナー 100kcal
がんもどき 91kcal
さつま揚げ 86kcal
たまご 80kcal
ごぼう天 62kcal
ちくわ 61kcal
はんぺん 60kcal
油揚げ 58kcal
じゃがいも 50kcal
ロールキャベツ 48kcal
たこ 40kcal
牛すじ肉 38kcal
焼き豆腐 37kcal
大根 11kcal
昆布 7kcal
こんにゃく 6kcal

おでんの具材の中でも、練り物のカロリーが高いですよね。

もし好きな具材を一つずつ食べたとすると…どうでしょうか?

つまり、おでんのカロリーは食べる具材によって低くもなるし高くもなるというわけです。

練り物を中心におでんを食べている人は、ちょっと気を付けた方が良いかもしれませんよ。

ダイエットに効果的なおすすめの具材

定番の「大根」「昆布」「こんにゃく」であれば、カロリーを気にすることなく食べることができそうですね。

http://scramblenet.com/3375.html

ここでは、ダイエットに効果的なおすすめの具材を紹介していきます。

昆布

oden_01d_r14_c12

昆布はミネラル・ビタミン・食物繊維を多く含んでいます。

食物繊維は便秘解消の効果が期待できます。

便秘になると、腸の血行が悪くなって代謝が落ちます。脂肪がたまりやすく、痩せにくい体になってしまいます。

便秘を解消することがダイエットにつながるということですね。

また、ミネラルの中にはカルシウムやカリウムが含まれていて、骨粗しょう症の予防になったり血圧を調整したり、健康効果が期待できます。

大根

oden_01d_r42_c16

大根に含まれている消化酵素のアミラーゼという成分は、消化不良を解消したり胃腸の調子を整えてくれたりする効能があります。

食物繊維も豊富で食べ応えもあり、満腹感を得やすく便秘解消の効果が期待できます。

http://scramblenet.com/3600.html
http://scramblenet.com/3653.html

余談ですが、祖母は私のお腹の調子が悪い時には大根の煮物を食事に作ってくれていました。まさしく、おばあちゃんの知恵だったんですね。

こんにゃく

oden_01d_r51_c2

こんにゃくと言えばダイエットの定番素材。低カロリーの代表ですね。

こんにゃくに含まれているグルコマンナンという食物繊維は、コレステロールを吸収したり血糖値の上昇を抑制してくれたりする効果が期待できます。

デトックス効果もあるので、ダイエット効果が期待できる具材としておすすめです。

牛すじ

意外と低カロリーなのが牛すじ。

牛すじにはコラーゲンがたっぷり含まれているので、美容と健康に効果が期待できます。

低カロリー高たんぱくな牛すじは、健康的にダイエットを続けるための具材としておすすめです。

たまご

oden_01d_r49_c49

カロリーは少し高めですが、満腹感を得やすく栄養素もたくさん含まれています。

健康を維持しながらダイエットするにはおすすめの具材です。

コレステロールが気になるかもしれませんが、最近の研究では、たまごをたくさん食べても血液中のコレステロールはさほど大きな変化はないと言われています。

ですが、カロリー高めのたまごを何個も食べるのはおすすめできませんが…

おでんダイエットのやり方

おでんダイエットは、3食のうち1食をおでんに替えるというものです。

推奨される平均摂取カロリーは、このようになっています。

1日 1食
男性 1,800kcal 600kcal
女性 1,500kcal 500kcal

男性なら300~400kcal、女性なら200~300kcalを目安に、おでんの具材を選択して置き換えます。

低カロリーの具材であればたくさんの種類を選べますが、高カロリーな練り物を選ぶと他に食べられる具材が限られてしまいます。

ダイエットにおすすめの具材を参考に、バランスよく選んで食べるよう気を付けましょう。

具材の選び方

たくさんの具材を選びたい場合

低カロリーの具材を中心に、バランスよく選んでカロリーを調整します。

具材 カロリー
油揚げ 58kcal
じゃがいも 50kcal
ロールキャベツ 48kcal
たこ 40kcal
牛すじ肉 38kcal
焼き豆腐 37kcal
大根 11kcal
昆布 7kcal
こんにゃく 6kcal
合計 295kcal

練り物を入れたい場合

練り物を外せない場合は、最初に練り物を選んでから低カロリーの具材で調整します。

具材 カロリー
つみれ 134kcal
たまご 80kcal
ロールキャベツ 48kcal
牛すじ肉 38kcal
大根 11kcal
こんにゃく 6kcal
合計 317kcal
スポンサーリンク

おでんダイエットの注意点

おでんダイエットをする場合、おでんの出汁を飲まないようにしましょう。出汁にはたくさんの塩分が含まれています。

塩分を摂りすぎるとむくみの原因になります。

体がむくむと、体内の老廃物や毒素を体外に排出できず代謝が下がります。代謝が下がると痩せにくい体になるので、塩分の摂り過ぎは良くありません。

ここで、おでんダイエットの口コミをいくつか紹介します。

おでんダイエットで痩せた人はいるようですが、食べ過ぎて効果がなかったという人もいるようです。

カロリーが低いとはいえ、食べ過ぎるとダイエット効果は期待できないということですね。

まとめ

カロリーの低いおでんの具材を選べば、ダイエット効果が期待できそうです。

ただ、同じ具材ばかり食べていると、次第に飽きてしまいそうです。長く続けるためには、おでんばかりを食べないようにすることが大事かもしれませんね。

気持ちに余裕を持って、おでんダイエットを楽しむのが良さそうです。

おでんは1日1食として、健康に気を付けながらダイエットにチャレンジしてみてくださいね。

関連記事
大根おろしダイエットの効果とやり方は?成功させるためのポイント
さつまいもダイエットのやり方は?成功するコツと食べ方の注意点
野菜炒めのカロリーは?ダイエット中に食べても太らない方法

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者