インフルエンザ予防接種を受ける最適な時期と回数や間隔

生活

インフルエンザって急にかかりやすいし、その割に症状が重くて、かかってしまうと大変ですよね。

特に、子供、お年寄り、受験生などは人生に関わってくる可能性があるので、特に厄介ではないでしょうか?できるものならかかりたくないですよね。

そこで今回は、インフルエンザにかからないように、インフルエンザの予防接種を受ける時期と回数や間隔についてまとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種を受ける時期

インフルエンザの予防接種は、10月〜11月に受けるのが望ましいです。

インフルエンザは、冬の乾燥した時期から流行り始めると言われています。11月上旬から12月下旬に流行りだし、1月から3月の間にピークを迎えます。

9〜10月 感染者が出始める
11〜12月 流行り始める
1〜3月 流行のピーク

インフルエンザの予防接種の効果が出始めるのは1~3週間後、効果が持続するのは3ヶ月から6ヶ月と言われています。

病院では11月に予防接種を打つことをおすすめしていますが、インフルエンザが流行する時期と予防接種の効果が出るまでの期間を考えると、2回受ける予定の人は10月から11月、それ以外の人は遅くとも12月までには受けるようにした方が良いですね。

回数 受け始めの時期
1回の予定 11〜12月
2回の予定 10〜11月

生後6ヶ月から12歳の子供は、10月に1回目を受けるのが良いと言われています。受験生は、受験時期を考えると11月に1回目を受けるのが良いかもしれませんね。

予防接種の回数は2回がおすすめ?

sick_vaccine

インフルエンザの予防接種は、2回受けることで予防効果が高くなると言われています。

生物学用語では「ブースター効果」、日本語では「追加免疫効果」と呼ばれています。

体内で抗体(細菌やウイルスと戦って体を守ろうとする物質)が作られた後で再度同じ病原体に遭遇すると、2回目の方が病原体を排除しようとする力が強くなるいう意味です。

1回目の予防接種で抗体を作り、2回目の予防接種でインフルエンザウイルスに反応しやすい体を作るということですね。

インフルエンザの予防接種の効果は2つあります。

  • インフルエンザにかかりにくくする。
  • インフルエンザの症状を抑える。

予防接種を2回受けることで、仮にかかったとしても症状を抑えることができます。インフルエンザにかかってはならない方(特にお年寄り、受験生)は、2回受けることをおすすめします。

また、生後6ヶ月から12歳までの子供は、1回の予防接種では効果が出ないと言われています。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンと呼ばれており、1回では免疫が付きにくいタイプのワクチンだからです。

必ず2回受けるようにしましょう。

ちなみに、私は中学受験の時に予防接種を受けず、インフルエンザにかかってひどい目を見ました…

受験生は2回受けることを強くおすすめします。

スポンサーリンク

2回目を受けるまでの間隔

2回目の予防接種を受ける場合は、3週間から4週間空けてから受けると最も効果が出ると言われています。

1回目の予防接種から1週間ほど経てば、2回目を受けることはできます。

しかし、2回目を受けるまでの期間が短い(1〜2週間)とブースター効果が期待できません。

インフルエンザワクチンは、抗体が体内に定着しにくいタイプのワクチンです。1回目の予防接種から時間が経たないうちは、抗体が体内に定着していないことがあります。そのため、1回目から2回目の期間が短いと、予防効果が高まらない可能性があります。

1回目の予防接種から1ヶ月以上あいた場合は、効果が途切れる可能性があるためブースター効果の期待は薄いです。ただ、予防接種そのものの効果がないわけではありません。

2回目の予防接種は、1ヶ月間隔を目安に受けると良いですね。

10月に受けた場合は11月に、11月に受けた場合は12月に受けるようにしましょう。

まとめ

インフルエンザの予防接種は、インフルエンザが流行する前に受けたいものですね。

2回受けると効果が高くなると言われているので、なるべく2回受けるようにしましょう。もしインフルエンザにかかったとしても、予防接種を受ければ症状が軽くなることが期待されます。

症状が重いと軽いでは、つらさが全然違いますからね。

インフルエンザの予防接種をしっかりと受けて、健康な状態でクリスマスや正月を過ごして、新しい春を迎えましょう。

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者