ダウンタウンととんねるずの不仲の真相と共演NGの理由まとめ

芸能

ダウンタウンととんねるずの不仲が度々取り上げられますが、真相はどうなんでしょう?

テレビで共演しているところを見ることはほとんどありませんし、何か理由があるのか気になりますよね。

そこで、ダウンタウンととんねるずの不仲の真相と共演NGの理由を探ってみました。

スポンサーリンク

ダウンタウンととんねるずの不仲の真相

不仲が話題になるダウンタウンととんねるずですが、2組は不仲ではありません。それは、お互いに番組内で語っています。

ダウンタウンがとんねるずに触れたエピソード

ある番組で浜田さんが、飛行機でとんねるずと鉢合わせしたときのことを話していました。話によると、石橋さんと木梨さんの間の席が浜田さんで、声をかけたのは浜田さんの方からだったようです。

浜田さんの「おはようございます」の挨拶に、木梨さんは「いいとも以来だね、貴明もいるよ」と答えたとのことです。石橋さんも浜田さんもゴルフをするため、飛行機を降りた後もゴルフについて談笑しながら歩いていたようです。

また、相方の松本さんはある番組で「みなさんのおかげですのスタジオに入ってしまい、とんねるずさんや番組スタッフに見られて恥ずかしい思いをした」と語っていました。

さらに別の番組では、SMAPの中居正広さんがとんねるずとの仲について触れましたが、浜田さんは「なぜ不仲と思われているのか分からない」、松本さんは「絡んだことがないから仲悪いも何もない」と話していました。

ダウンタウンがとんねるずに悪い印象を持っているわけではないことが分かります。

とんねるずがダウンタウンに触れたエピソード

一方、とんねるずがダウンタウンと共演しない件について、2組と仲が良い「おぎやはぎ」がある番組で、過去に聞いたことがあると明らかにしています。

「ダウンタウンととんねるずって仲が悪いんですか?」

そのとき石橋さんはこう答えたそうです。

「そんなことはない、周りの人間が合わせてくれないだけ」

本当に不仲であれば、このような発言は出ないのではないでしょうか。むしろ、共演するのは全然構わないという風に捉えることができます。たまに石橋さんが「ダウンタウンとは仲が悪い」とテレビでネタにすることがありますが、仲が良い・悪いという関係ではありません。

また、2組と接点がある「バナナマン」の日村さんがとんねるずの番組に出演した際に、石橋さんはダウンタウンが司会をしていた「リンカーン」に触れる場面がありました。同番組の別のコーナーでは、木梨さんが「浜ちゃん!松ちゃん!」と叫んでいました。

さらに、石橋さんが司会を務める別の番組に今田耕司さんがゲスト出演した際も、ダウンタウンについて触れています。もしとんねるずがダウンタウンを嫌いであれば、ダウンタウンが司会の番組名を口にすることはないでしょう。

とんねるずがダウンタウンに悪い印象を持っているわけではないということです。

では、なぜ共演NGの噂が流れているのでしょうか?

スポンサーリンク

ダウンタウンととんねるずが共演NGの理由

ダウンタウンととんねるずが不仲でないのと同様、お互いに共演NGだとは思っていないようです。共演NGと思われてしまったのは、周りの余計な気遣いに原因があるようです。2組の経歴を比較してみましょう。

ダウンタウン とんねるず
結成 1982年 1980年
出身 関西 関東
所属 吉本興業 アライバル

とんねるずはダウンタウンの2年先輩にあたります。若干の差はありますが、ほぼ同世代と考えても良いでしょう。同世代であれば共演しても良さそうのものですが、この2組が共演したことはほとんどありません。

これは、2組が意図的に共演NGにしたのではなく、共演しないように周りが気を使っているだけなのです。

ダウンタウンは関西、とんねるずは関東出身で所属事務所も違います。1980年代のお笑い業界といえば、食うか食われるかという今よりもシビアな時代だったようです。ダウンタウンもとんねるずも尖っていた時代がありましたからね。

そんな時代の中にあり、事務所がお互いをライバル視していました。ダウンタウンもとんねるずも、東西のお笑い芸人としてお互いに意識していたようです。周りがそれに敏感に反応し、結果的にダウンタウンととんねるずが共演NGにつながってしまったというわけです。

「周りが勝手に遠ざける」と最近テレビで語ることはありますが、共演NGが業界全体の認識のようです。(単にギャラの問題かもしれませんが)今後も2組が共演する機会はないのかもしれません。

まとめ

何かと不仲が取り上げられますが、ダウンタウンととんねるずは不仲ではなく接点がないだけです。周りが変に気遣ったせいで、業界全体で2組は共演NGと広まってしまったようです。

2014年3月の「笑っていいとも グランドフィナーレ」での奇跡の共演が世間を賑わせましたが、それはタモリさんの力があってこそです。お互いの冠番組で共演してはじめて不仲説はなくなるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

芸能

Posted by 管理者