シルバーウィークの意味と由来は?次回は何年後かカレンダーで紹介

行事

シルバーウィークという言葉を聞いたことはあると思いますが、なぜシルバーウィークと呼ばれるか知っていますか?

意味がはっきり分からない人は結構いるものです。

そこで、シルバーウィークの意味と由来をまとめてみました。あわせて、次回が何年後になるかカレンダーで紹介します。

スポンサーリンク

シルバーウィークの意味と由来

シルバーウィークとは、秋の大型連休のことです。春の大型連休であるゴールデンウィークに対して使われています。9月に敬老の日がありますが、高齢者を表すシルバーのことではありません。

http://scramblenet.com/3134.html

元々は1950年代に映画界によって提唱された専門用語で、文化の日を中心とした一定期間を示していました。ゴールデンウィークもシルバーウィークの由来と同様です。

ゴールデンウィークは春の大型連休という意味で使われるようになりましたが、シルバーウィークは映画界が提唱した意味では使われなくなり、最近では秋の大型連休のことを示すようになりました。

では、シルバーウィークが成立する条件とは何でしょうか?

シルバーウィークが成立する条件

シルバーウィークは、9月の敬老の日と秋分の日を利用した連休です。ハッピーマンデー制度により、2003年から敬老の日が第3月曜日になり、大型連休になる可能性が増えました。

ハッピーマンデーとは、祝日の一部を月曜日に移して3連休にする制度のことです。2000年から導入され、当時は1月の成人の日のみが対象でした。

また、秋分の日は毎年同じではありません。今まで30年以上続けて9月23日でしたが、2012年からは9月22日の年もあります。祝日と祝日の間に挟まれた日は国民の休日になります(日曜日になる場合を除く)。

http://scramblenet.com/2265.html

祝日のルールが変わらない限り、敬老の日(9月の第3月曜日)の2日後が秋分の日であれば、数年に一度、秋の5連休であるシルバーウィークが成立します。

初めてシルバーウィークが成立したのは2009年で、最近では2015年でした。2009年と2015年の敬老の日(9月の第3月曜日)は21日、秋分の日は2日後の23日でした。

calendar-silverweek2015

では、2015年以降のシルバーウィークはいつになるのでしょうか?

スポンサーリンク

次回のシルバーウィーク

シルバーウィークが成立する条件は、敬老の日(9月の第3月曜日)の2日後が秋分の日になることです。そうなると、次回のシルバーウィーク(5連休)は2026年になる見込みです。

なぜ「見込み」なのかというと、秋分の日は国立天文台が計算して決めています。よっぽどのことがない限り変わることはないと思いますが、計算した通りになるとは限りません。

http://scramblenet.com/2793.html

2015年以降の敬老の日と秋分の日をまとめた結果がこちらになります。

敬老の日 秋分の日
2015年 9月21日 9月23日
2016年 9月19日 9月22日
2017年 9月18日 9月23日
2018年 9月17日 9月23日
2019年 9月16日 9月23日
2020年 9月21日 9月22日
2021年 9月20日 9月23日
2022年 9月19日 9月23日
2023年 9月18日 9月23日
2024年 9月16日 9月22日
2025年 9月15日 9月23日
2026年 9月21日 9月23日

2026年の9月と2015年の9月は同じカレンダーになので、祝日が変わらなければこのようになります。

calendar-silverweek2026

ちなみに、2020年は秋分の日が9月22日になるため4連休となります。

calendar-silverweek2020

まとめ

不定休、シフト制の仕事をしている人にはあまり関係ありませんが、土日・祝日休みの人たちにとっては、遠くへお出かけできるなど、嬉しい大型連休になります。

しかも、シルバーウィークの時期は夏の暑さも峠を越え、気候的にも涼しくなり、動きやすくなる時です。遅めの夏休みをこの時期に合わせて10連休以上、なんて考える人もいるかもしれません。

数年に一度のシルバーウィーク、次回は2026年です。

スポンサーリンク

行事

Posted by 管理者