職場のランチの断り方!誘いをうまく避けて一人で食べる方法

断り方

職場で同僚や先輩、上司のランチの誘いを断れなくて困っていませんか?

たまに行くなら良いものの、毎日のように誘われるのが苦痛と感じている人もいると思います。

働く人にとって、昼休みは貴重な休憩時間。一人で好きなように過ごしたいですよね。

そこで本記事では、職場のランチの断り方とランチタイムに一人で食べる方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

職場のランチの断り方〜事前〜

前日などに、「明日ランチ行かない?」と誘われることがありますよね。

指定された日に予定がなくても断れるように、断る口実を用意しておきましょう。

ダイエット中である

「ダイエット中である」という断り方は、断る理由としてかなり有効です。

ダイエット中であれば、外食を控えたとしても周囲からマイナス評価を受ける可能性は低いと思います。「最近太ってきたから昼を控えめにしているんだよねー」などと言えば、周囲の人もランチの参加を無理強いはしないでしょう。

ただし、間食すると嘘だとバレてしまいます。ダイエットを理由にする場合は、職場で間食しないように気を付けましょう。

友人とご飯を食べる予定

「友人とご飯を食べる予定」という断り方は、ランチの誘いを断る口実になります。

先約があることを伝えれば、周囲の人も納得しやすいでしょう。定期的に友人とご飯を食べに行っていることをアピールしておくと、断りやすくなると思いますよ。

ただし、一人でご飯を食べていると嘘だとバレてしまいます。しかも、友人と会わないのにこの理由を使うと、職場の人に一人でご飯を食べているところを見られるリスクが高いです。

もし友人と会う予定がないのであれば、別の理由にした方が良いかもしれませんね。

職場のランチの断り方〜当日〜

職場で急にランチに誘われると、断る理由が見つかず流れで行くことになってしまいやすいです。

いつ誘われても断れるように、断り方を身に付けておきましょう。

お金がない

「お金がない」という理由は、角が立ちにくい断り方の一つです。

例えば、以下のような断り方があります。

  • 結婚式が続いた
  • ◯◯を買った(車、パソコンなど高額な物)
  • 実家に仕送りをしている

何でお金がないのかビンボーな理由を説明すると、周囲の人も納得しやすいでしょう。

ランチをおごる人は少ないでしょうし、お金がない人を無理に誘うことはしないと思いますよ。

体調が悪い

「体調が悪い」という断り方も、ランチの誘いを断る理由として使いやすいですね。

例えば、以下のような断り方があります。

  • 二日酔いで食欲がない
  • 風邪気味だから一人で休みたい

具合が悪そうであれば、周囲の人もランチには誘いにくいでしょう。

昼休みだけ体調が悪いフリをすると嘘だとバレてしまうので、朝から体調が悪そうな雰囲気を出しておくと良いですね。

昼寝したい

「昼寝したい」という断り方は、ランチを断る口実として使えます。

例えば、以下のような断り方があります。

  • 最近残業続きで疲れている
  • 昨日遅くまで仕事して寝るのが遅かった
  • 朝から頭が痛い

実際に遅くまで働いているのであれば、職場の人も分かっていると思います。寝たい(眠い)理由を伝えれば、周囲の人も納得してくれるでしょう。

お弁当を持ってきた

「お弁当を持ってきた」という理由は、使いやすい断り方の一つです。

例えば、「今月はお金がないからお弁当を持ってきた」などと言えば、周囲の人も納得しやすいでしょう。

お弁当を持ってきているのであれば、周囲の人も無理にランチに誘うことはしないと思いますよ。もし忘れたとしても、こっそり買いに行けば大丈夫です。

ただし、一部屋に集まってお弁当を食べる職場であれば、ランチの誘いを断る理由にはならないですね。「仕事のキリが悪くて」など、別の理由を組み合わせて使った方が良いでしょう。

外せない私用がある

「外せない私用がある」という理由は、使いやすい断り方の一つです。

例えば、以下のような断り方があります。

  • 銀行(郵便局)に◯◯の支払いに行く
  • ◯◯の手続きのため役所に行く

昼休みにしかできない用事ということであれば、周囲の人も納得しやすいでしょう。

ただし、何回も使うと不自然に思われてしまいます。

頻繁には使えないので、使う頻度に気を付けましょう。

電話がかかってくる予定

「昼休み中に電話がかかってくる予定」という理由も、使いやすい断り方です。

例えば、取引先から電話がかかってくるなど仕事関係を理由にすれば、周囲の人も無理に誘うことはできないと思いますよ。

その場合は、午前中に取引先とやりとりしていないと、嘘だとバレる可能性が高いので気を付けましょう。

急ぎの仕事がある

仕事を理由も、角が立ちにくい断り方の一つです。

例えば、以下のような断り方があります。

  • 取引先からのメールにすぐ返信しないといけない
  • 午後の会議で使う資料の印刷を頼まれた
  • ◯◯の資料を作成しなければならない

オフィスを抜けられない理由を伝えれば、「それなら仕方ない」と周囲の人も納得せざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク

ランチを一人で食べる方法

ランチの誘いを毎回断るのは大変ですよね。

断る理由を考えるのが面倒な場合は、職場の人からランチに誘われないようにすると良いです。

ランチを一人で食べるための対策を見ていきましょう。

ランチに行かない日を増やす

ランチを一人で食べるには、ランチに行かない日を増やすと良いです。

ランチの誘いを全て断ると角が立ちやすいので、少しずつ誘いを断っていきましょう。少しずつであれば、断ったとしても職場の人とギクシャクなりにくいと思いますよ。

「外で食べてくるね」「ちょっと仕事のキリが悪いからここで食べるね」など、さりげなく言うと良いですね。

ランチの時間を少しずらす

仕事を理由にして、ランチの時間を少しずらすと良いです。

昼休みの時間になったとしても、ランチに行く時間は個人の自由ですよね。少しだけ仕事を続けて、職場の人には先にランチに行ってもらいましょう。そうすれば、一人で過ごすことができます。

もし誘われたとしても、「ちょっとキリが悪くて…」など、さりげなく断れば角が立ちにくいと思いますよ。

たまにランチに合流すれば、職場の人とギクシャクなりにくいので良いかもしれませんね。

読書好きのキャラを定着させる

読書好きであることを、職場の人に認定してもらうと良いです。

昼休みに読書していれば、いつの間にか「一人で昼休みを過ごす」状態になると思います。読み終えた後も、新しい本を買ったり図書館で本を借りたりすれば良いだけですよね。普段から本を持ち歩いていれば、一人で読書していても変に思われないでしょう。

「一人で昼休みを過ごす」状態になれば、読書にこだわる必要はなくなります。昼休みを一人でどのように過ごしても、誰も気にしないでしょう。

昼寝するキャラを定着させる

「ランチ後は昼寝する」という自分のスタイルを確立しましょう。

ランチ後にすぐ昼寝する人であることを職場の人に認定されれば、次第にランチに誘いがなくなると思いますよ。

スタイルが確立するまで少し時間がかかるかもしれませんが、個人的には最も確実で手取り早い方法だと思います。

ちなみに、筆者の職場では昼寝する人の方が多いです。筆者も昼寝しますし、上司も昼寝します。昼休みを一人で過ごす人の方が多いので、とても気が楽ですね。

まとめ

昼休みは休憩時間なので、どのように過ごすかは個人の自由です。

ランチの参加は強制ではないですし、周りのペースに合わせる必要もありません。

一人でのんびり過ごした方が、ストレスがたまらなくて良いと思いますよ。

職場の人とは毎日顔をあわせるので気を使いますが、断り方に気を付ければ周りからマイナス評価を受けることもないはずです。

ランチの誘いを上手に断って、昼休みを一人で自由に過ごしましょう。

スポンサーリンク

断り方

Posted by 管理者