パスタとスパゲッティの違いは?それぞれの定義と正しい呼び方

生活

「パスタ」「スパゲッティ」

「今日のお昼はパスタ」と言う人がいれば、「今日のお昼はスパゲッティ」と言う人もいます。

どちらも同じような意味に聞こえますが、パスタとスパゲッティは同じものではないんです。

そこで、パスタとスパゲッティの定義や違い、正しい呼び方について紹介します。

スポンサーリンク

パスタとスパゲティの違い

大辞林によると、

パスタ【pasta】

小麦粉をこねて作る、イタリアの麺類の総称。スパゲッティ・マカロニ・ラビオリ・カネロニなど。

スパゲッティ【spaghetti】

(スパゲティとも)
細くて長いパスタ。独特の歯ごたえがあり、ゆでて、各種ソースをあわせて食べる。

と解説されています。

つまり、スパゲッティはパスタの一種というわけです。

・マカロニ
・ペンネ
・ニョッキ

なども、パスタの一種です。

「パスタ = スパゲッティ」

ではなく

「パスタ ∋ スパゲッティ」
(スパゲッティはパスタに含まれる)

となります。

「かまぼこ」や「ちくわ」が、「ねりもの」の一種であるのと同じ意味です。

パスタとスパゲッティの関係を、図に表すとこんな感じです。

pasta

イタリアでは、パスタは約650種類あり、毎年のように新しい種類が開発されています。

日本人が知っているパスタの種類と言えば、せいぜい5〜10種類くらいではないでしょうか。

「今日のお昼は”パスタ”」と言うのは、「今日のお昼は”ねりもの”」と言うのと同じ意味です。

「スパゲッティ」なのか「マカロニ」なのか
「かまぼこ」なのか「ちくわ」なのか

ということなるので、はっきりした方が良いですね。

例えば、お昼にナポリタンを食べる場合は、「スパゲッティ」が正しい呼び方です。

また、パスタは大きく2種類に分けられます。

◯ショートパスタ

短くカットしたパスタのことです。

マカロニやペンネなどがあります。

◯ロングパスタ

長い棒状のパスタのことです。

スパゲッティやスペルチーニなどがあります。

ナポリタンなどに使用されるのは「スパゲッティ」になります。

では、スパゲッティの定義について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

スパゲッティの定義

スパゲッティとは、「紐(spago)」を語源とする、直径1.0〜2.0mm程度の細長い紐状のパスタのことです。

一口にスパゲッティと言っても、麺の太さによって呼び方が変わります。

名称 麺の太さ
スパゲットーニ
または
ヴェルミチェッリ
2.0mm強
スパゲッティ 1.8〜1.9mm
スパゲッティーニ 1.6〜1.7mm
フェデリーニ 1.3〜1.5mm
カッペリーニ 1.2mm以下

※地域やメーカーによって、麺の太さの刻み方に多少の違いはあります。

0.1mm単位で麺の太さが異なるのは、料理によって使い分けるためと言われています。

スパゲッティの代表的なメニューと言えば、

・ナポリタン
・ミートソース
・カルボナーラ
・ヴォンゴレ
・ペスカトーレ
・ジェノヴェーゼ
・プッタネスカ
・アラビアータ

などがあります。

1980年代後半までは、スパゲッティと言えばナポリタンでした。

その後、1980年代後半にイタ飯ブームが巻き起こり、様々なパスタ料理が出てくるようになったのです。

パスタとスパゲッティをごちゃまぜに覚えてしまったのは、そのような時代背景があったからかもしれません。

まとめ

以上、パスタとスパゲッティの定義や違い、正しい呼び方でした。

パスタとは、スパゲッティやマカロニなどの総称です。

スパゲッティは、パスタの一種です。

「パスタを食べる」より「スパゲッティを食べる」と言う方が正確でしょう。

今からちょっと意識してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者