寂しいと淋しいの違いは?正しい使い分けとそれぞれの意味を紹介

生活

「寂しい」「淋しい」

文章を書くときに、どっちを使えば良いのか迷うことはありませんか?

どっちも間違いではなさそうだけども、正しい使い方ができているのかちょっと心配になりますよね。

そこで、寂しいと淋しいの意味や違いと正しい使い分けを紹介します。

スポンサーリンク

「寂しい」と「淋しい」の意味と違い

まずは、それぞれの意味を見てみましょう。

大辞林によると、

【寂しい・淋しい】

1.あるはずのもの,あってほしいものが欠けていて,満たされない気持ちだ。物足りない。さみしい。

2.人恋しく物悲しい。孤独で心細い。さみしい。

3.人けがなくひっそりしている。心細いほど静かだ。さみしい。

と解説されています。

同じ見出しで説明されていて、それぞれの説明はありません。

したがって、

「寂しい」と「淋しい」の意味は同じ

ということになります。

違いはないということですね。

では、どのように使い分ければ良いのでしょうか?

「寂しい」と「淋しい」の使い分け

「寂しい」と「淋しい」のはっきりとした使い分けはありません。

辞書では同じ見出しで解説されているため、どちらを使っても間違いではないです。

ただし、

公的機関やアナウンサーなどは気をつけなければなりません。

内閣告示の常用漢字表には、「淋しい」という漢字は載っていません。

常用漢字表とは、公用文書や新聞などにおける漢字使用の目安を示すものです。

関係ない人の方が多いかもしれませんが、頭の片隅に入れておくといいでしょう。

あえて使い分けるとしたら、

寂しい:状況を表す。

例文
・誰もいない寂しい公園。
・人通りの少ない寂しい商店街。

淋しい:心の様子を表す。

例文
・一人ぼっちで淋しい。
・あなたに会えなくて淋しい。

という感じでしょうか。

これという正解はありませんが、常用漢字のことを考えると、

「寂しい」

を使うのが無難でしょう。

さて、「寂しい」と「淋しい」は漢字が違いますが、

「さびしい」「さみしい」

と読めますよね。

一体、どちらの読み方が正しいのでしょうか?

スポンサーリンク

「さびしい」と「さみしい」の読み方の違い

パソコンやスマホで「さびしい」「さみしい」を漢字変換すると、どちらも「寂しい」「淋しい」が変換候補に出てきます。

どちらが正しいかというと、

どちらも正しい

です。

言葉の歴史を見ると、「さびしい」が古くから使われている言葉のようです。

「さみしい」は江戸時代以降に現れた言葉で、「さびし」が原型と言われています。

そのため、どちらを使っても間違いではありません。

あえて使い分けるとしたら、

寂しい:さびしい

例文
・誰もいないさびしい公園。
・人通りの少ないさびしい商店街。

淋しい:さみしい

例文
・一人ぼっちでさみしい。
・あなたに会えなくてさみしい。

という感じでしょうか。

個人的な使い方としては、

◯状況を表すとき
「寂しい」「さびしい」

◯心の様子を表すとき
「淋しい」「さみしい」

としています。

何が正解というわけでもないので、どう使っても良いでしょう。

ちなみに、語源由来辞典では、

「寂」の漢字には「さびしい」の意味があるが、「淋」の漢字には本来「さびしい」といった意味はない。

と解説されています。

常用漢字表にも「さみしい」という読み方は載っていないため、迷ったときは

「さびしい」

を使うのが無難でしょう。

まとめ

以上、寂しいと淋しいの意味や違いと正しい使い分けでした。

漢字は違っても意味が同じとは、ややこしい限りです。

「寂しい」「淋しい」
「さびしい」「さみしい」

どちらの漢字を使っても間違いではないですし、どちらの読み方でも間違いではありません。

常用漢字表には「淋しい」と「さみしい」は載っていないため、公式文書などでは気をつける必要がありますが、普段はどう使っても問題ないでしょう。

無難な組み合わせは、

「寂しい」「さびしい」

ですので、迷ったときはこちらを使うといいですよ。

スポンサーリンク

生活

Posted by 管理者